伝統

日本カジノではあの人気ゲームが禁止になるかも?

スキルゲームフィリピンカジノ 24517

マニラのカジノの基本情報

スキルゲームとは? ビデオゲーム・ギャンブリング・マシン(VGM)であり、スキルを重視したゲームにより勝敗をかけてギャンブルするカジノ・ゲームの事です。一昨年前より、北米カジノ業界では、これまでの 「ゲーム・オブ・チャンス」 -(コンピューターソフトにより、乱数を発生させ、あくまでも運要素のみで勝敗が決定するゲーム)から 「ゲーム・オブ・スキル」 -(テレビゲームや家庭用ゲームのような、プレイヤーのスキルが勝敗の決定に関与するゲームで、パズルゲームやソリティアや簡単なスポーツゲームなどが含まれます)への移行が始まっています。従来は、アタリ、任天堂、XBOX、ソニープレステなど、家庭や友達同士でのゲームセンターなどでテレビゲームを楽しんでいましたが、現在では、オンライン・カジノでお金を賭けたゲームが続々と登場してきています。ラスベガスなどのリアルなカジノでも徐々にスキルゲームを設置しているカジノが目立つようになってきました。従来のスロットマシンのような 「ゲーム・オブ・チャンス」 に比べると、 「ゲーム・オブ・スキル」 は若いジェネレーションに受け入れられる要素が多く、スロット離れが厳しいカジノ業界に新風が吹かせることができるかが鍵になっています。監視管理局側としても、このゲーム・オブ・スキル普及いよる未成年ギャンブルの問題も出てくるので、慎重に検討をしているところも少なくありません。 スキルゲームをリアルなカジノに導入している会社はいくつかありますが、其の内の大手、ゲームコ社は、アトランティックシティのシーザーズ系列カジノにて、ビデオゲーム型のギャンブルマシンを昨年冬から設置しています。 ビデオゲームで育ったX世代(~年代生まれ)、ミレニアルズ世代(~年代生まれ)をターゲットにしたこのマシンは、ビデオゲーム、e-Sports、それにギャンブルを掛け合わせた新しいエンターテインメントを作り出しました。その第1弾として、プレイヤーのスキルによって配当が支払われるFPS『Danger Arena』で、アゲームセンタースタイルのビデオゲームキャビネットにコントローラーが付属しています。アトランティック・シティのシーザーズに3台、ハラーズに2台、バリーズ・ワイルドワイルドウエストに2台のトリプルユニットが設置導入されています。 ゲームコ社のCEOであるBlaine Graboyes氏は、「カジノフロアに次の世代のプレイヤーを引きつける市場初の試みは非常に刺激的です。また、シーザーズと共にアトランティックシティで導入することにとても興奮しています」と語っています。 オムニアは今超はやりのクラブです。 スポーツベッティング。シーザーズパレスのスポーツブックには長ーい歴史があります。 物凄く有名な、シーザーズパレスのトイレ。一見の価値あり。 皆さまのご感想、コメントなどお寄せください コメントをキャンセル。 オススメの関連記事 ラスベガス ローカル・カジノでスロットマシン!結果は? ラスベガス ローカル・カジノでスロットマシンに挑戦! 仮想通貨はカジノで使えますか? 「ベガスで食べるなら、やっぱりバフェ」Vol。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

前回の記事 では、マニラの投資環境についての各不動産コンサルティング会社のレポート内容をご紹介しました。 では次に、その中でも気になるトピックを説明していきましょう。 オフショアオンラインゲーミングとは、インターネット上の賭博です。政府が所有するフィリピンゲーミング公社(Philippine Amusement and Gaming Corporation PAGCOR )の規則では、外国に住む外国籍で、21歳または居住する国で法定年齢に達している者のみが、フィリピンを拠点としたオンラインゲーミングに参加できるとしています。PAGCORは、国内外のフィリピン国籍の者または外国籍でフィリピンに合法的に拠点を置いている者は、フィリピンを拠点とするオンラインゲーミングにアクセスできないとしています。

ディスカッション