伝統

各種限度額の設定について

出金限度額スイスのカジノ 45400

スイスにおけるギャンブル

スイスのlottery市場は現在、自治体をまたいで全国展開する 2社、Intercantonal Landeslotterie(Swisslos)とLoterie Romandeが独占している。 年中にlotteriesおよびbettingに費やされた、約億スイスフランのうち、小額のlotteriesに費やされたのはわずか1億万フラン、残りはビッグといわれるような高額商品に費やされた。 一方、betting(スポーツの試合結果と競馬に対する賭け)は全体の約20分の1に過ぎなかった。 ここ数年の傾向として、Loterie Romande社のLoto ExpressやTactiloなど、最新技術を導入したlotteries販売機が着実にシェアを伸ばしている。 しかしながら年夏、SFGB(スイス連邦ゲーミング委員会)は業者に対し、Tactiloと同型のマシンについて、現在計画済みの台を上限 として、これ以上の導入を差し止めた。 この種のマシンは実際のところゲーミングマシンであり、Casinos Actが監督するものとみなされたからである。 解禁以来、カジノ市場は特筆すべき変遷を経てきている。年1月には既に、国内で計画されていた22のカジノのうち、21件(Aカジノ7件、Bカジノ14件)が開業。 年、財政的理由により、2カ所のBカジノ ArosaおよびZermatt が営業を停止。 年10月現在、19カ所が営業している。 その内訳: grand casino(Aカジノ)7カ所 Baden, Basel, Berne, Lugano, Lucerne, Montruex, St。 一方、同じ時期に、ゲーミングマシンからの収入は着実に増加し、年には1億万フランを計上。総収入は年まで増加し続け、Casinos Act成立に伴い認可を受けたカジノが開業して丸1年経過した年には顕著な増加を記録した。 収入合計の5億万フラン そのうち1億万または28%がテーブルゲーム、4億万または72%がゲーミングマシンからの収入 は、前年のほぼ倍で、換算すると1人頭 スイスの人口で割る の収入は76フランとなる。

海外送金 – サービス内容

結局、問題はゲームの大部分がスキルに基づくものなのか、それとも運によるものなのかということにあり、連邦政府の発想ではこのようなゲームが成り立つのはスキル、そして州は運だとしているのだ。 連邦政府の目には、トーナメントで行われているポーカーの中にはスキルが主要となっているタイプのものがあると映っている。それは参加者の数やテーブル・ステークス 賭け金 の大きさなど、さまざまな条件に左右される。一方、プレーヤーが「チップアップ 賭け金を徐々に増やすこと 」をしたり、好きな時にゲームをやめたりすることができるキャッシュ・ゲームは主に運がベースとなっていると考えられており、ゆえにカジノの外では非合法となるという理屈だ。 「わたしたちにとっては、どんな形であれ、ポーカーやトーナメントは運でしかない」 と言うのは「スイスカジノ連盟 Schweizer Casino Verband 」のマルク・フリードリヒ会長だ。そして、そのようなトーナメントではカジノから締め出されているギャンブル中毒の人々にもプレーの場を提供していると批判する。 しかし、同時にフリードリヒ会長は、連邦政府の決定によってプレーヤーがほかの場所に幸運を求めるようになり、「年以降、下り坂になっているのは明らか」とカジノ業界が打撃を被っていることも認める。 一方、トーナメント事業者でありポーカーのプロでもあるリノ・マティス氏は、現実はその逆で、モントルー Montreux やバーデン Baden のカジノでは、カジノ内でしかプレーできないキャッシュゲームでひと山当てようとする人が増えていると主張する。 友人同士で行うプライベートゲームは家主にコミッションが支払われなければ合法とみなされるが、当局はコミッション代わりのビールが手から手へと奇妙な具合に渡っていくことに対しては目をつぶっているようだ。 トーナメントに関する法律作成のニュースは、スイスのカジノ外で催されるこれまで最大の規模を誇るポーカー・トーナメントを目前に公表された。この「スイス・ポーカー・マスターズ」は8月9日から16日までチューリヒで開催される予定だ。トーナメントを運営するマティス氏はおよそ人のエントリーを見込んでいる。これは昨年ベルンで開かれたトーナメントの10倍に当たる数字だ。 このトーナメントでは「スイス・チャンピオン」というタイトルのみならず、現金2万フラン 約万円 の賞金とバハマで開かれる「ヨーロッパ・ポーカー・ツアー」のオール・インクルード・パッケージも手に入れられる。このパッケージの価値は1万フラン 約万円 だ。 だが、この大会はラスベガスで開催される世界選手権のスケールとは比べ物にならない。7月初旬に1万ドル 約95万円 を支払って世界選手権のメインイベントにエントリーした人は人弱。決勝進出を果たした9人が賞金の万ドル 約25億円 を山分けできるのは、11月7日から11日まで開催される決勝戦のあとだ。優勝した人は何と万ドル 約8億円 を手に入れることになる。 だが、トーナメントの開催密度でいうと、スイスはアメリカの次に高い。例えば「バイイン・ドット・シーエイチ Buy-in。

ディスカッション