伝統

バカラなんて17連なんて普通WW ツラを追った方が勝てるのか純粋に知りたい。

確率事象ラッキーニッキーカジノ 28273

従属事象のゲームの利用

久々に ルーレット に挑みます。 正直、前回ビデオポーカーで勝った事に味をしめていて、お金を増やすだけなら、 ビデオポーカー 限定で勝負を続けていっても良いかなと思ったりもしていました。 ですが、それではオンラインカジノを学ぶという当初の目的を逸脱してしまいます。読んで下さっている方々もつまらないでしょう。 現在の所持金。 オンラインカジノ事始め22参照 今回はルーレットで勝負すると決めました。 で、どのルーレットにしようかと思い、以前、ルーレットを比較した時の記憶も手繰り寄せてみました。 オンラインカジノ事始め24参照 それらの事実を踏まえた上で、オンラインカジノ(僕の場合、今の所 ラッキーベイビーカジノ がホームになってます)でルーレットをするなら、やはりフレンチルーレットが一番いいのではないかというのが、現在の所の結論です。 例えばリアルカジノで、熟練のディーラーだったら、力加減で出目をある程度コントロールできるのかもしれません。 あくまでも素人の個人的な見解にすぎませんが、できる気がします。 人間の能力というのは計り知れません。才能に恵まれた人が鍛錬を積めば、そのくらいの事は容易く達成してしまいそうな気がします。ただ「できる」から、「やる」のかと言うと、それは別な話で、きちんとした職業的倫理観を持ったディーラーであれば、公平性を欠く行為はしないはずです。例え技術的に可能であったとしても…と信じたい所です。 ただディーラーが意図的にコントロールできない(もしくは、しない)としても、ディーラーの癖とか、ルーレットの物理的な状態などによって、理論的な確率とは違った「偏り」は出てくる気がします。その「偏り」を把握して賭ける事が出来れば、「ネイバーベット」はかなり有効な賭け方になるはずです。

ONLINE CASINO RANKING

ルーレットの 1 回 1 回の出目は他の回とは無関係です(独立事象)。ですから、 回赤が続いている場合でも、 回目に黒になる確率は 48。 この際「それだと大数の法則に沿わないのでは?」と言いだす人もいますが、大数の法則は天文学的な試行回数の場合に適用される「理論上の確率」ですから、 回や 回の試行回数において持ち出すのは考え方が完全に間違っています。 オンラインカジノの「 RNG ( Random Number Generator )(乱数装置)」は、外部機関の調査をクリアしているものが大半ですし、そもそも不正など(確率操作など)をしなくても、カジノは儲かるんです。 前述の通り控除率(ハウスエッジ)の関係上、ほぼ全てのカジノゲームにおいて、カジノ側が勝つのです。 RNG に限らず、何らかのインチキがバレる事のリスクの方がよほど大きいと思います。 ルーレットで 赤が 10 回 続いたら、次は黒の確率が上がる? ルーレットで赤が10回続いたら、次は黒の確率が上がる? これは「マーチンゲール法」と組み合わせて売られている事が多い攻略法です。「これだけ赤が続いたんだからそろそろ黒になるでしょう」「だから、黒に高額を賭けよう!」という考え方です。 ルーレットの 1 回 1 回の出目は他の回とは無関係です(独立事象)。ですから、 回赤が続いている場合でも、 回目に黒になる確率は 48。

従属事象ゲームを活かす

パーレー法 は逆マーチンゲールとも呼ばれているカジノの戦略です。戦略や必勝法のことを ベッティングシステム と呼びますが、種類もいくつかあります。例えば代表的なのは 「負けたらベット額を上げる方法」 いわゆる 「マーチンゲール法」 というのが方法の基本とされています。今回ここで紹介するのは、 逆マーチンゲール法 と呼ばれる方法、 パーレー法 についてです。 逆マーチンゲール法と呼ばれているだけあって、「負けたらベット額を上げる」の逆、つまり 「勝ったときにベット額を上げる」 方法のことです。これは、勝ったときのみにベット額を上げる方法を用いることによりリスクが小さく、勝利金を増やせる可能性を見込めるベッティングシステムのことを指します。

ディスカッション