伝統

カジノ法案の具体的なメリット・デメリットは何!?

メリットとデメカンボジアカジノ 50395

▼ カンボジア進出のメリット・デメリット|日本企業の意図・進出動向は?

Photo by Fred Bigio on Flickr。 カンボジアを含むインドシナ半島の国々を1本の幹線道路でつなぐことで、各国の通関業務を簡素化し、いわば国境を越えたインドシナ半島地域全体で経済発展をしようというコンセプトで作られた、国家間を超えたプロジェクトがあります。 それが「南部経済回廊」です。 従来より、数多くの日系企業が進出しているタイとベトナムの中間に位置し、さらに両国よりも人件費が安いことから、〝タイプラスワン〟〝ベトナムプラスワン〟と呼ばれてきたカンボジア。 この「南部経済回廊」が開通したおかげで、先述のように日本企業が集積する バンコク〜ホーチミンの中間地点に位置するカンボジアの地理的優位性が、今後益々高まっていくことは間違いありません。 カンボジア政府は積極的に外資誘致政策をとっています。その代表的なものが、年よりスタートした経済特区の設置です。経済特区とは、経済発展を最優先とし、法的、行政的に特別な地位を与えられている地域を指し、英語(Special Economic Zone)の頭文字をとってSEZと称されます。 いわば経済特区(SEZ)とは、経済セクターの発展のための特別地域であり、一般工業区、輸出加工区 を有し、そのほか商業区、居住区などの設定が可能とされている地域なのです。また、政府、民間業者、それらの合弁企業などのいずれによっても開発することができるとされています。 その経済特区(SEZ)に進出した企業は、政府によって適格と判断された投資案件に与えられた通常の優遇処置に加えて、すべての業務において付加価値税が免除されます。 また、土地の取得などを除けば、外資に限定した規制はなく 、多くの業種で %の出資が可能となっているのも、進出企業にとってはとても大きなアドバンテージとなるはずです。

▼ カンボジア進出成功のポイント

これらの地域や国々が「カジノ・リゾート」により大成功を収めているのです。 日本が指をくわえている手はありません。 当然ながら、日本に「統合型カジノ・リゾート」を建設すれば、多くの集客を望めるでしょう。 これらを支えるためには、大量のスタッフが必要であり、大きな「雇用」が生まれます。 経済を刺激する「雇用創出」の実現 ですね。

【オンカジ女子】6月初めてのカジノ!!!!!!!【kaekae Dream Girls公式配信者カジノちゃん】


ディスカッション