伝統

横浜市、カジノを含むIR誘致。山下ふ頭を想定

人気横浜市がカジノ 36824

朝日新聞官邸クラブ 公式ツイッター

横浜市が8月22日に公表した最新資料「IRの実現に向けて」(市政策局の ニュースリリース より)。 ギャンブルや賭博(とばく)といったイメージが付きまとい、 反対の声も根強く残るカジノを含めたIR を横浜中心部へ誘致することに、 どんなメリット があるのでしょうか。 今後、林文子市長本人が自ら出向いて行うという 港北区など市内18区での説明会 を前に、 市長の発言 を中心にIR誘致の考え方をまとめました。 会見と同時に市が公表した「IRの実現に向けて」と題した 最新資料 や、これまでに中区や都筑区など 市内4カ所で行った説明会 で示された スライド資料 には、 横浜市が抱える課題 に対し、 IRの誘致がいかに有益に働くか ということが強調されています。 そこから見えてくるIR誘致における最大のメリットは、 横浜市(地方自治体)が得られる大きな収入 です。 最新の資料では、IRによる 納付金や入場料収入 、さらには 法人市民税や固定資産税、都市計画税 によって 年間億円から億円 の増収効果が期待できると試算されています。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

そうした機運の高まりの中で、横浜市民は、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致をどう思っているのか、横浜市民の生の声を直接聞くべく、はまれぽでは街頭アンケートを実施した。 街頭アンケート調査は、関内駅周辺、山下公園、横浜駅周辺で、年1月29日(水)と2月4日(火)の2日間に分けて人(一部、市外・県外の人も含む)を対象に行った。 街頭アンケート調査によって、横浜市民の意識、傾向の一端を探りたいと思う。 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致を表明した横浜市 街頭アンケートについて記す前に、「カジノを含む統合型リゾート施設(IR)と横浜市」の現状について駆け足で振り返りたい。 そもそも「統合型リゾート施設(=IR/Integrated Resort)」とは、カジノを含めた、国際会議場やホテル、エンターテインメント施設などを一体整備した巨大集客施設のこと。経済効果や雇用創出が期待できるが、一方で、治安の悪化やギャンブル依存症への懸念が指摘されている。 このカジノを含むIR施設誘致について林市長は、(平成29)年7月30日、「カジノ誘致は白紙」と主張して市長選に当選し 3選 を果たした。 しかし、2年後の(令和元年)年8月22日、林市長は山下ふ頭に、カジノを含むIR施設の誘致を 表明 し、横浜市18区すべてでIR説明会を開催することを確約した。IRの必要性について、「年をピークに人口減少にシフトし、生産年齢人口の減少、老年人口の増加。消費や税収の減少、社会保障費の増加など、経済活力の低下や厳しい財政状況の見込み」などをあげている。また、カジノを含むIR施設誘致の賛否を問うための住民投票を行う意向がないことも示した。 IR誘致を表明   発表当日は、市役所には反対を訴える人がなだれ込み、2時間にわたり混乱が続いた。

横浜市がカジノ含むIR=統合型リゾート誘致を表明(19/08/22)


ディスカッション