伝統

アイルランドカジノの特徴や勝ち方・必勝法を徹底解説

ドルスピンでアイルランドカジノ 27029

【アイルランド】ザ・フィッツウィリアムカジノの特徴を徹底紹介

アイルランドには 「カジノマリノ」 という建物があり、名前を聞いただけでは「カジノ」と思ってしまいがちですが、この建物は一般的に言われるカジノではなく、アイルランドの隠れた観光スポットとされています。 「カジノマリノ」があるマリノ地区はアイルランドの首都ダブリンからやや北東に行った場所で、ダブリン湾を臨むことができる見晴らしのいい場所です。そしてこのマリノ地区の中にある「カジノマリノ」は、17世紀に地中海を旅行していたチャールモント伯爵が「ギリシャ式の美しい家をアイルランドに建てたい」と夢を描いたことから始まります。そしてイギリスの歴史にもその名を残し、「サー」の称号をも与えられた名建築家のウィリアム・チェンバースに建築を依頼して15年の月日をかけて建築された建造物です。 その後売りに出されるものの、アイルランド政府が後にこれを買い取って修繕工事などを行い、現在も美しい姿を見ることができます。 カジノの本来の意味である「小さな家」とも言うべきたたずまいながら建物の内部はさまざまな装飾やこだわりのレイアウトが施され、外見から見ると1階建てに見えるにもかかわらず実は2階建てというギミックもあります。 これ以外にも歴史的な建造物として見どころは多く、夏場であれば夜の8時まで営業しているので他の場所の観光をした上で訪れることもでき中ではブラックジャックやポーカーなど、カジノで遊ぶようなゲームもできますがお金を賭けることはできないので注意が必要です。 ガイドブックにも乗っていない隠れた名所ですが、18世紀のヨーロッパの建造物の中でも代表的なものにあげられるほど顕著な建物で、アイルランドを訪れたら1度は行っておきたい観光スポットです。 アイルランドにある「カジノマリノ」はカジノの名前がついていますが、ギャンブル場としてのカジノではなく「小さな家」というカジノ本来の意味を持つ建造物です。名前だけ見てカジノだと思って行ってしまうと肩透かしを食うことになりかねませんが、歴史的な建造物ですのでカジノという考え方は抜きにして、観光などの意味合いでも訪れてみる価値があります。 「カジノマリノ」を訪れたときにはその構造や風情を楽しむのはもちろん、カジノ好きな人はカジノマリノの中で実際に行われていたであろうパーティーや、余興としての遊戯に想いを馳せてみてはいかがでしょうか。 いかがでしたか。今回はギャンブルの場や施設を意味する「カジノ」の語源やアイルランドにある「カジノ」の名前がつきながら観光スポットである「カジノマリノ」について見てきました。 本来は王侯貴族の別荘を意味していたことからヨーロッパのカジノが 大人の社交場 として敷居が高い点や、地域ごとのカジノの違いなど語源をひも解くことで深い意味があることが分かることでしょう。 これらを知ることで経営側が「ハウス」と呼ばれることなど、カジノの楽しみ方の幅も広がるのではないでしょうか。

アイルランドの「カジノマリノ」で「カジノ」はできませんよ

Facebook、Twitter、LinkedInのオフィシャルページがあり、定期的に開催されるイベントや、カジノ内のレストランのメニューなどの情報が英語で見られます。また、Google Mapでカジノの中を度見られるようになっています。ぜひ、チェックしてみてくださいね。 営業時間:〜翌 住所:Clifton Hall, D02 XP89, Fitzwilliam Street Lower, Dublin 2, アイルランド アクセス:Pearse Stationより徒歩10分ほど。車での来場者向けに駐車場あり。 ルーレットなどの一般的なカジノのゲームはもちろんありますが、こちらのカジノはポーカー好きの方に人気があります。ポーカーの大会やトーナメントを定期的に開催していて、特に毎月最後の木曜日には、アイルランドでも最大のポーカーイベントである「Fitzwilliam End of Monthトーナメント」が開催されています。人以上が参加するトーナメントで、30,ユーロ(日本円で約万円)を超える賞金プールがあります。

完全日本語対応、サポートも日本語で迅速に対応 してくれ、英語アレルギーでも安心(笑)。 シンガポール マカオ 香港 韓国 台湾 フィリピン ベトナム マレーシア カンボジア ラオス ミャンマー タイ 東南アジア インド ネパール スリランカ カザフスタン オーストラリア ニュージーランド ニューカレドニア バヌアツ オセアニア グアム サイパン。

ToHeart2 NET. JPS 3Valiant Venus TSR. 3Valiant Venus JPS. 2 CR CRF CR.

ディスカッション