伝統

2020年:日本版 IR決断の時

リアルカジノ大手ゲンティン 38756

この記事が入っているマガジン

ラスベガス・サンズの詳細はこちら: 日本進出の噂もある世界のカジノ・IR企業「ラスベガス・サンズ」とは? なお、親会社であるゲンティン社(Genting Berhad)はグループを統括し管理する事業者になり、グループ全体では石油・ガスなどのエネルギー関連や不動産開発、バイオテクノロジー開発など複数のプロジェクトを行うコングロマリットになっています。 日本国内で「統合型リゾート IR 整備推進法案」が成立したことで、世界の大手カジノ企業が日本への進出意欲を示しています。特に現在は日本国内において自治体のカジノ・IR施設の招致活動(検討も含め)が多く行われており、運営や関係する企業の名前もテレビやネットのニュースで聞く機会も増えています。 カジノ・IRニュース 世界の大手カジノ企業6選!日本への進出を狙っているのはどの企業? TheDice 編集部 0 1。 こちらもおすすめ 大阪IRの事業者公募、申込みは米MGMリゾーツのみ、ゲンティンとギャラクシーは見送り ゲンティン ・シンガポール、日本のIR事業に向けコンソーシアム組成模索、「9月、10月までに確保」 日本のカジノ・IR施設の候補地 日本進出の噂もある世界のカジノ・IR企業「ラスベガス・サンズ」とは? マカオ 日本IR 海外IR。

脳汁級のカジノスロットマシンのボーナス中映像「CRAZY STARS」


第2部:候補事業者の紹介

Inside Asian Gaming年1月号の特集記事として掲載した第1部では、日本で現在行われている業界の駆け引きをお見合いパーティーになぞらえ、「女子」が候補地、そして「男子」が彼女らを口説いている候補事業者だとして話を進めた。 これは、それぞれの女子が年の残りの期間、付き合い始める男子を吟味することができるということを意味している。当然のことながら、恋のお相手は充分にいる。IAGは現在このレースの主戦場にいる20社を追っている。今回は評価や財務的に日本版IRにオールインする能力がある「ビッグ4」の会社を紹介する。残りの16社はIAG 4月のお楽しみ。

ディスカッション