伝統

配当金とは?利回り/配当性向の計算方法も解説!

登録方法な配当の計算方法 35460

個人投資家向け 株価情報NAVI

配当金は、特定の基準日にその株式を保有している株主に受け取りの権利が生じます。特に長期間に渡り株式を保有している株主は、企業からの配当金が主な利益源となります。また、株式の購入金額に対する配当金額の割合である「配当利回り」といった指標も存在します。 配当性向の数字は、主に長期的な株式保有を考えている投資家にとって有用な情報と言えます。配当による利益は、その会社が利益をあげ続けて配当を継続する限り、ずっと手に入るものです。投資家からすれば「企業がどれくらい配当をする気があるのか」というのは重要な情報です。 これはどちらも間違っていません。 後者の視点に立った場合、配当性向が低いということは、それだけ成長の機会をうかがっている企業と考えることも可能です。特にITをはじめとした新興企業の場合、株主に配当をするよりは、しっかりと内部留保を厚くして今後の投資に備えた方が、結果的に株主の期待に応えることにつながる可能性もあります。その企業が成長し、株価が上昇すれば株主は多額の譲渡利益を獲得することができるためです。 一方、配当性向が低いことで投資家からたたかれる企業もあります。 10年ほど前から、日本でも「物言う株主」と呼ばれる機関投資家が増えてきました。配当性向が低く、手元に多額の現預金を保有しており、かつ「今後の成長性についてきちんとした説明ができない企業」の株式を「物言う株主」は大量に取得します。そして「使い道のない内部留保をしているくらいなら、株主に配当で還元すべきだ!」と会社に迫るのです。 特に成熟産業では、このような事例が多数出ています。企業としては「なぜ内部留保を手厚くしているのか」という理由について、明確に説明できるようにした方がよいでしょう。 また、経済というのは急変するものです。近年で言えば年のリーマン・ショック時、多くの企業が厳しい経営を迫られました。そのような中で、その激変期を乗り越えることができたのは「手元にしっかりと現預金を貯めていた企業」です。 近年の会計では、過剰な時価会計の適用を回避し「ある程度現預金の裏付けがある利益」を重視しています。配当性向が高すぎる会社は、経済の激変期には存続の危機に陥ることも考えられます。

自社の配当性向を知っていますか?株式から見た企業の財務体制

配当とは、 「会社が得た利益の一部を、株主へ支払うもの」 です。事業がうまくいったお礼として、利益の一部を株主に配当という形で還元することがあります。一般的にはお金で還元することを配当、サービスや物として還元することを優待と呼びます。 みずほフィナンシャルグループ に万円投資した場合、年間3万円の収入となり、単純計算すると20年間で70万円になります。もちろん、値動きによるリスクは考えないといけませんが、配当金狙いの投資方法は長期保有を考える方にはおすすめの投資方法です。 配当は1株あたりの金額で表示されます。 たとえばある企業の配当金は円という場合、これは1株あたり円の配当金が出るということです。 この株を買ってもっていなければいけない日のことを「権利付き最終日」といいます。 株を買って権利付き最終日の取引終了時点まで保有して、次の営業日を迎えると配当や優待をもらうことができるのです。 逆に言えば、権利付き最終日のみ株を保有すれば配当や優待をもらうことが可能だとも言えます。権利付き最終日の翌営業日は、配当や優待の分の株価下落があるのが一般的です。 この権利付き最終日の翌営業日を「権利落ち日」といいます。

第2の配当「資本剰余金からの配当」は税金の計算が違う!?

J 2 3 7 4 5 6 NG 8 9 ROLAND TV. 5 RTP RTP OK. PICK UP. PICK UP. No TABIPPO TABIPPO2.

ディスカッション