伝統

ルーレット、トリプルゼロ(0、00、000)が常態化

賭けポイントルーレットで赤黒勝負 31419

ルーレットで勝つために知っておきたい前提条件

ルーレットの賭け方のルール上「色は赤と黒の2種類」と決まっているので、 単純に赤色テーブルにベットすれば赤色ゾーンに玉が落ちれば勝ちというルールとなります。 一番勝率が高いとされているルーレットの賭け方の種類は 「レッド・ブラック」と言われる、玉が赤に入るか黒に入るかを賭ける賭け方と、「奇数偶数」かを当てる賭け方 です。 ルーレットの賭け方の禁止されている方法は、 「レッド・ブラック」「奇数偶数」といった2分の1で当たるような賭け方も、例えば「レッドとブラックの2つにベットする」という行為もNGです。

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

まず、大前提に知っておかなければならないことは、 必勝法を利用しても最終的に絶対勝てるわけではない という事です。 アウトサイドベットエリアにあるコラムベットとダズンベットの、 2か所ずつの計4か所に賭け、勝率3分の1の賭けを利用した戦略 となります。

初心者におすすめのルーレット必勝法8選

ルーレットはカジノで定番のゲームでもあり、シンプルなルールから初心者でも楽しみやすい特徴を持ちます。 1~36と0、00の合計38のマスに入るボールを予想するゲーム で、1撃36倍の高配当を狙ったり、オッズ2倍のシンプルなベットに大金を賭けて大勝負することができます。 オンラインカジノによってベットの上限は異なりますが、多くのケースでもっとも 短時間で大勝ちするチャンスを持っている のが特徴で、幅広い必勝法を実践しやすいです。 ルーレットは富豪からも人気が高く、本物のカジノではVIPルームにルーレットだけが用意しているケースもあるくらいなので、積極的にチャレンジしてみてください。 カジノによって呼び方が異なることがありますが、基本的なルールは全て共通です。 主にオッズ2倍か3倍に1点集中型で賭ける人と0~36の数字上に複数のチップを置いて勝負する人の2パターンに分かれます。 ルーレットはランダムに入る数字を当てるゲームですが、長くやっていくと高い確率で 偏りや癖が出る時間帯 が発生します。 たとえば黒よりも赤の発生確率が高くなったり、特定の数字が短時間のうちに何度も入る症状です。 何度も続いているから違う数字になるといった逆張りよりも、 現在の流れを汲み取った順張りをした方が勝ちやすい と言われています。 ゲームフローは完全な運任せですが、流れを読む洞察力がある人はコンスタントに勝ちを重ねることができます。

ルーレットの遊び方基礎講座-カジノの定番ゲーム

ラスベガスのカジノにおけるルーレット台において、 「トリプルゼロ」 (写真)が広がりを見せている。  これは、カジノ側の利益を拡大するためのルールの改変であり、プレーヤーである客にとっては大いなる改悪。  つまり極めてゆゆしき問題であり、客側の対応策や注意としては、 このようなルーレット台には絶対に近寄らない ことだ。  まずは、ルーレットにくわしくない読者のために、ルーレットの基本について簡単にふれておきたい。 ルーレット台には(と同時に、ルーレットの回転ホイールには) 1番から36番までの番号があり、それぞれが 赤 か 黒 に色分けされている。赤、黒 18個ずつの同数のため、玉が落ちた番号が赤になるか黒になるかの確率は半々。  したがって、払い戻し倍率も 1倍、つまりたとえば、赤に10ドル賭けて的中すれば10ドルが払い戻される。もともとの賭け金の10ドルも含めれば 2倍の 20ドルが戻ってくることになる。 同様に、偶数か奇数かに賭けることもでき、これも半々の確率なので、払い戻しの倍率も赤黒のときと同じだ。  ただ、このままだとカジノ側が勝つか客側が勝つかの確率は互角で、カジノ側に有利性はない。つまり利益が期待できない。 カジノの運営には、家賃も人件費も光熱費も必要なので、多少の利益が確保できなければ経営が成り立たないことはだれにでもわかること。  そんなカジノ側の事情のために用意されているのが、 0番 と 00番 だ。  この2つの番号は赤でも黒でもなく 緑 で、また偶数でも奇数でもない扱いになっている。 したがって、この2つ番号に玉が落ちた場合、赤や黒、そして偶数や奇数に賭けた者は全員負けとなる。  ようするにカジノ側の総取り、つまりこの 0番や 00番の存在こそがカジノ側の収益の源泉というわけだ。(もちろん 0番や 00番にピンポイントで賭けていた者だけは勝ちとなる)  ここまでの説明で、緑の0番や00番は存在しないほうが、客側にとって有利なことはわかっていただけたと思う。  これまで長らく、世界中の多くのカジノのルーレット台においてはこの 0番と 00番が存在していて、 「ダブルゼロ台」 ( double-zero roulette table あるいは double-zero roulette wheel )と呼ばれてきた。

ディスカッション