賞品

政府・与党「次はカジノ法案」

日本のカジノ法案登録のしかた 39643

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

上記理由を証明するための、重要なキーワードとして存在するのが『Integrated Resort(IR)』。 こちらは「特定複合観光施設区」を意味し、概要としては、国際会議場・展示施設・ホテル・劇場・映画館・アミューズメントパーク、ショッピングモールなどを一区画に含む総合型リゾートエリアを作ることを指します。 本法案が実現し、総合型リゾートエリアが完成することで、観光及び地域経済の振興に寄与でき、財政の改善に好影響を及ぼせる見込みという訳です。 参考として特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律を一部抜粋するので、あわせてご参照ください。 第一章 総則 (目的) 第一条 この法律は、特定複合観光施設区域の整備の推進が、観光及び地域経済の振興に寄与するとともに、財政の改善に資するものであることに鑑み、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する基本理念及び基本方針その他の基本となる事項を定めるとともに、特定複合観光施設区域整備推進本部を設置することにより、これを総合的かつ集中的に行うことを目的とする。 (定義) 第二条 この法律において「特定複合観光施設」とは、カジノ施設(別に法律で定めるところにより第十一条のカジノ管理委員会の許可を受けた民間事業者により特定複合観光施設区域において設置され、及び運営されるものに限る。以下同じ。)及び会議場施設、レクリエーション施設、展示施設、宿泊施設その他の観光の振興に寄与すると認められる施設が一体となっている施設であって、民間事業者が設置及び運営をするものをいう。 2 この法律において「特定複合観光施設区域」とは、特定複合観光施設を設置することができる区域として、別に法律で定めるところにより地方公共団体の申請に基づき国の認定を受けた区域をいう。 (基本理念)。 カジノ法案が成立し、実現に向けて動き出している今、オープンはいつになるのかという点がポイントになります。 現時点での結論としては、未定という形です。 法案成立当初は東京オリンピックにあわせ年オープンとの声もありましたが、候補地の決定や法整備、施設の建設などの工程を考えると実現は難しいと言わざるを得ません。 それら工程を踏まえた、有識者たちの予測は、大阪万博が開催される 「年前後」 とされています。

日本が海外から学ぶべきことは

こんにちは!Casimo編集長の笠原です。 今回は「 年ついに成立した、カジノ法案 」 について解説していきます。 カジノ法案とは、正式な名称を「Intergrated Resort推進関連法案」と呼び、IR法とも呼ばれています。IRとは統合型リゾートと言う意味で、 あくまで「リゾート施設に併設するカジノのみ」合法化する という法律です、。 そのため、 繁華街にある闇カジノや裏カジノは、違法のままになります 。 この記事では、 カジノ法案成立とその影響 、 今後の進め方 や 気になる候補地 などについて幅広く解説していきます。

ディスカッション