賞品

比カジノ事業者のウィダスがクラークで4つのホテル、3つのゴルフコース開発用に450ヘクタールの土地リース契約に署名

ライブ配信動画スカイタワーカジノ 26194

ウィダス・グループがフィリピンの新興ハブ、クラークでのIR開発の新ライフスタイルブランドを発表

オークランドの中心に位置する「スカイシティ オークランド」は、ニュージーランド最大規模のカジノです。オークランドの観光名所でもあるスカイタワーの中にあり、地元のプレイヤーのみならず、多くのアジア系観光客で賑わっています。スカイタワーはカジノの他、バンジージャンプやスカイウォークなども楽しめる複合施設で、高級ホテルも隣接しておりアクセスも便利です。カジノには、を超える豊富なゲームマシンやヨーロピアンルーレットやブラックジャック、バカラなどのテーブルゲームが楽しめます。 オークランドから南に車で1時間ほどのところにある「スカイシティ ハミルトン」は、ニュージーランドで第4の都市ハミルトンにあります。年7月からは24時間営業となり、アジア系観光客に好評で大勢プレイしています。ハミルトンを含むワイカト地方は、国内でも有数の酪農地帯で、『ロード・オブ・ザ・リング』のロケ地でも有名で、観光で訪れる人も増えているエリアです。カジノは以上のゲームマシン、バカラやブラックジャック、カリビアンスタッドポーカー等が楽しめます。 ニュージーランドが誇るトップクラスのリゾートタウン、クィーンズタウンにはカジノが2ヵ所あります。そのうちの1つが「スカイシティ クィーンズタウンカジノ」です。南半球でも随一のリゾート地で、日中は豊かな大自然の中で大いにアクティビティを満喫し、夜はカジノでプレイを楽しむことが出来ます。カジノは小規模ですが、86のゲーミングマシンやバカラやブラックジャック、カリビアンスタッドポーカー等がプレイできます。 周囲を山々に囲まれた自然豊かな美しい街、クィーンズタウンにある「スカイシティ ワーフ カジノ(旧 ラセターズ ワーフ カジノ)」は、もともとクィーンズタウンに初めてできたカジノでしたが、年にスカイシティにより買収されました。世界的に有名な観光・保養地、クィーンズタウンにあるスカイシティ経営の2件目のカジノとなりました。 クィーンズタウンのシンボル蒸気船アーンスロー号船着き場が近くにあり、ビーチストリートを散策がてら軽く立ち寄ることのできる小規模なブティックカジノです。 ニュージーランド南東にある5番目に大きい都市ダニーデンにある「ダニーデン カジノ」は、市内中心部にある年に建てられた老舗ホテル、シーニックサークル サザンクロスホテルの中にあります。カジノは小規模ですが、スロットなどのゲームマシンがあり、バカラやブラックジャック、カリビアンスタッドポーカー、ルーレットポーカーが楽しめます。カフェ&バーも併設されている歴史的建造物としても有名なホテル内にあるので、観光客も数多く訪れます。

ウィダス・グループがフィリピンの新興ハブ、クラークでのIR開発の新ライフスタイルブランドを発表 - IAG Japan

フィリピンのクラークでウィダス ホテル&カジノを所有・運営するウィダスグループが、ニュークラークシティの近くにある土地およそヘクタールのリース契約に署名した。これによって同社は現在進めている拡張計画の一環として3つのゴルフコースと4つのホテルを開発することになる。 フィリピン基地転換開発公社(BCDA)との契約には、ウィダスが、年から10年間をかけてハンラックス(Hann Lux)と呼ばれることになるリゾート開発のために億比ペソ(約億円)を支出することなどが含まれている。 ウィダスコンソーシアムのハン・ディベロップメント・コーポレーションのハン・デシク(Dae Sik Han)社長兼CEOは、「クラークは北部ルソンで、観光客と投資家の両方にとって急速にトップの目的地の1つになっている。ニュークラークシティーでの新レジャーリゾートの開発によってさらに多くの人を呼び込めることを願っている。これはBCDAのビジョンと一致している」と述べた。 クラーク自由港区に位置するウィダス ホテル&カジノではまた、それ自体の拡張も順調に進んでおり、年に完成すれば現在のゲーミングテーブル67台、そしてスロットマシンおよそ台から、テーブル台、そしてスロットマシンから台にまで増える予定だ。 IAGニュースデスクチームには、アジアゲーミング業界で最も経験豊富なジャーナリストが複数所属しています。 幅広い専門知識を持つそれぞれの長年のノウハウが結集しており、その範囲は多数の国の多種多様なトピックに及びます。

Account Suspended

Inside Asian Gamingが以前伝えた通り、年までに完了予定の1億米ドルをかけたニュークラークシティ開発の第1フェーズには、アンサナホテルやバンヤンツリーホテル、18ホールのチャンピオンシップゴルフコース1つとクラブハウスが含まれる。第2フェーズでは、ウェスティンホテル、マリオットによるラグジュアリーコレクションホテル、18ホールのチャンピオンシップゴルフコース2つ、屋外レクリエーション施設、高級ヴィラと住居、多目的の商業センター、そして10ヘクタールの公園などが1。 ウィダスはまた、ハン ラックス ライフスタイル リゾートのゴルフコース設計の詳細も発表し、1つ目はニクラウスデザイン社が設計し、2つ目は韓国人プロゴルファーのチェ・キョンジュが設計を行う。3つ目はメジャー大会で6勝を記録した名選手のニック・ファルドが設計し、その名前を冠した「サー・ニック・ファルド・シグネチャー・ゴルフコース」という名称になる。 ベン・ブラシュクは以前オーストラリアのシドニーでスポーツジャーナリストをしており、年初頭からはInside Asian Gamingで編集長を務めている。IAGの全ての記事への重要な貢献者であるだけでなく、年4月のIAG Breakfast Briefingの展開・立ち上げ、そして監督においてリーダー的役割を務めた。 購読 雑誌 IAGとは お問い合わせ 広告。 中文 English。 Trending Tags。

ディスカッション