賞品

カジノがプレイヤーに知って欲しくない10のこと

賭け条件ラスベガスカジノ 7421

カジノの秘密1 あるゲームはぼったくり

ラスベガスといえばカジノ、カジノといえばラスベガス。そんなラスベガスにやって来て本場のカジノをエンジョイしない手はない。  あまりのめり込みすぎるのも問題だが、せっかくはるばる日本からやって来たからにはぜひ楽しんで帰りたいものである。 ところが残念なことに、カジノにまったく興味を示さない日本人観光客も少なくない。  やりたくてもルールがわからない、英語に自信がないというのであればそれはそれで理解できるが、 「ギャンブルは罪悪だ」 、 「絶対に勝てないように仕掛けられている」 、 「どんなに小額でもカジノでおカネを失うのはバカバカしい」 など、勝手な誤解や偏見を持ち、せっかくの体験チャンスをみずから放棄してしまっている者が少なからずいる。(下の写真はラスベガスのカジノ街)。 もちろん「やる・やらない」は個人の自由だが、ラスベガスまで来て遊び心を持つ余裕がないのもあまりにも寂しすぎはしないか。  またそのような誤解や偏見をまわりのビギナーたちに説教している輩も見かけるが、もはやそれはまわりの者にとって迷惑千万な話だ。 とにかく本場ラスベガスまで来てギャンブルをやらないということは、 ハワイへ行ってビーチに一度も出ないようなもの と考えたい。勝ち負けはともかく、なんでもいいからトライしてみようではないか。 少なくともここアメリカではギャンブルそのものに対して罪悪という雰囲気はほとんどない。  罪悪なのは 「ギャンブルにのめり込むこと」 であって(いわゆるギャンブル中毒)、ギャンブル自体は単なるエンターテインメントとしてとらえるのが普通の一般的な考え方だ。だからラスベガスでは老若男女がバケーションの一コマとして楽しそうにギャンブルに興じている。 一方、日本では、ギャンブルという言葉そのものに何か暗いイメージが付きまとい、金額の大小にかかわらずギャンブルをたしなむこと自体が不健全な行為として見られがちだ。  日本では昔から勤勉に働いて収入を得て、そうして得たおカネを本当に必要な物にだけ使い、残りは大切に貯蓄する。そのような価値観が美徳とされてきたためか、労せずして大金を得たり、無意味に貯蓄を減らすようなギャンブルには拒絶反応を示す者が少なくない。

いざ、カジノの中へ!マナーを押さえたスマートな遊び方

世界最大級のカジノの街として有名なのは、なんといってもラスベガス! ほとんどのカジノは24時間年中無休で営業、コンビニやガソリンスタンドにまでスロットを設置するなど、環境作りも徹底しています。 約4,坪の広さで、ラスベガス最大規模のカジノ。ワールドポーカーツアーの予選会場に使われていることで有名で、ポーカーファンならぜひ訪れたいスポットです。ポーカートーナメントは毎日開催! 腕自慢の猛者たちが集まっています。 アメリカのカジノに挑戦! ラスベガスのおすすめホテルとマナーについて。 アメリカのカジノに挑戦! ラスベガスのおすすめホテルとマナーについて アメリカを旅するなら、カジノを体験するのもまた一興。誰もが認めるギャンブラーの聖地ラスベガスで、ゲームを楽しんではいかがでしょうか。21歳を過ぎたら、カジノ入場の年齢制限クリア。「ベネチアン」や「ミラージュ」など、現地の熱気に包まれれば、一歩踏み込んだ勝負を仕掛けられるかもしれません。ただし、マナー厳守は鉄則ですよ! South, Las Vegas 【アクセス】マッカラン国際空港から車で約13分。

カジノ初心者もこれで安心!ラスベガスの必読ルールまとめ

クラップスはラスベガスのみならず世界中のカジノにおいて、ブラックジャック、ルーレット、バカラと並び広く行われているゲームのひとつである。  特にここラスベガスでは、クラップスのワイワイ騒ぎながらやる独特な雰囲気がアメリカ人気質に合っているのか、少なくともルーレットよりも盛り上がっているように見受けられる。 一方、これだけ多くの日本人がラスベガスを訪れるようになった今日においても、このクラップスを本格的に楽しんでいる日本人観光客は極めて少ない。  単独で黙々と遊ぶルーレットやブラックジャックとは異なり、客同士がハイタッチしたりしながら楽しむこのクラップスこそ、最もラスベガスらしい華やかなカジノ体験として良き思い出となるはずなので、もっと日本人にも参加してほしいゲームのひとつである。 それと同時に、このクラップスがカジノゲームの中で 最も勝率の高い (期待値が高い)ゲームである(特殊な条件下でのビデオポーカーなどを除いて)ということも覚えておいていただきたい。特に後述する「オッズ賭け」は、カジノ側の控除率がゼロなので、勝てる可能性が十分にある。

【大感謝祭】 プロギャンブラーからラスベガスをプレゼント‼︎チャンネル登録1万人突破記念‼︎


ディスカッション