賞品

【カンボジア】プノンペンでカジノ!初心者にもわかる遊び方と人気のカジノホテルを紹介

登録無料カンボジアカジノ 53649

マカオに次ぐアジアのカジノ大国

カンボジア政府は今年の8月にオンラインギャンブルのライセンスについて、新規発行・更新を行わないことを決定した。既存のライセンスはそのまま有効だが、ライセンスの期間は1年間であるため、最長でも来年年の8月にはオンライン・ギャンブルがカンボジアで全面的に禁止されることとになる。  規制の発端となったのはカンボジアのリゾート地として知られるシアヌークビルで中国系カジノが行っているオンライン・ギャンブルが詐欺などの悪質な犯罪の温床になっており、カンボジア政府が対策にのりだした点があげられる。また中国政府が、中国からのオンラインギャンブリング経由の中国本土からの資金流出を止めたがったと言う話もあるという。シアヌークビルは最近になって急速にリゾート地化が進んだ沿岸地域で、特に中国資本による観光開発、カジノホテルの発展が著しいとされる。同地域の発展に中国資本は今や欠かせない状態であり、 中国政府側がオンラインカジノを停止しないとこれ以上投資しないという圧力をかけた事がカンボジア政府の重い腰を動かしたと言う見方もある 。 カンボジア政府、オンラインギャンブル禁止へー中国系犯罪グループの温床根絶のため 5。 自宅からでもギャンブルを楽しむことが出来る『オンラインギャンブル』はグローバルでみると成長市場だが、カンボジアでは来年にも禁止になる。 カンボジア政府は今年の8月にオンラインギャンブルのライセンスについて、新規発行・更新を行わないことを決定した。既存のライセンスはそのまま有効だが、ライセンスの期間は1年間であるため、最長でも来年年の8月にはオンライン・ギャンブルがカンボジアで全面的に禁止されることとになる。  規制の発端となったのはカンボジアのリゾート地として知られるシアヌークビルで中国系カジノが行っているオンライン・ギャンブルが詐欺などの悪質な犯罪の温床になっており、カンボジア政府が対策にのりだした点があげられる。また中国政府が、中国からのオンラインギャンブリング経由の中国本土からの資金流出を止めたがったと言う話もあるという。シアヌークビルは最近になって急速にリゾート地化が進んだ沿岸地域で、特に中国資本による観光開発、カジノホテルの発展が著しいとされる。同地域の発展に中国資本は今や欠かせない状態であり、 中国政府側がオンラインカジノを停止しないとこれ以上投資しないという圧力をかけた事がカンボジア政府の重い腰を動かしたと言う見方もある 。

日本からプノンペンのカジノへのアクセスは?

完全日本語対応、サポートも日本語で迅速に対応 してくれ、英語アレルギーでも安心(笑)。 シンガポール マカオ 香港 韓国 台湾 フィリピン ベトナム マレーシア カンボジア ラオス ミャンマー タイ 東南アジア インド ネパール スリランカ カザフスタン オーストラリア ニュージーランド ニューカレドニア バヌアツ オセアニア グアム サイパン。 アメリカ ラスベガス ハワイ カナダ メキシコ アンティグア・バーブーダ アルバ ドミニカ共和国 ハイチ パナマ バハマ。 アルゼンチン ウルグアイ コロンビア チリ パラグアイ ブラジル ペルー。

登録無料カンボジアカジノ 35405

プノンペンのカジノの基本情報

タグ: お得 たのしい。 カジノのある海外の都市というと、日本のカジノファンの方々にとっては、ラスベガスやマカオなどがよく知られていると思いますが、実はこちらカンボジアにもカジノがあるんです。しかもその数は24!(年2月現在)と、数の上ではアジアのなかでマカオに次ぐカジノ大国と言えます。そのなかでも、タイと国境を接するバンテアイミエンチェイ州の町ポイペトにはゴールデンクラウンリゾート、グランドダイヤモンドシティー、ホリデイパレスリゾート&カジノといった多くのカジノが集まり、 「カンボジアのラスベガス」 と形容されることもあるほどです。

ディスカッション