台座

オンラインカジノ・プレイヤーコミュのご指導お願いします。

は確率論カジノでチップの購入 8973

オンラインカジノ・プレイヤーのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

カジノゲームの一つとして有名なブラックジャックをご存じでしょうか。 このブラックジャック、海外では若者から主婦層、ビジネスマンに人気のあるゲームなのです。 その理由はマニュアル本に書かれている方法を身につけることができれば、ちょっとしたお小遣い稼ぎができるからなのです。 とはいってもギャンブルだから、お金を稼ぐだなんて絶対に無理だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。 しかし、海外では、パチンコ店に行く感覚でブラックジャックを楽しむ方がたくさんいるのです。 カジノゲームの中で、初心者の方でも気軽に遊ぶことができるブラックジャックですが、カジノ店にお客が少ないと、ディーラー対プレーヤーが1人のみということもあります。 こんな時は要注意してください。 ディーラーが1人のプレーヤーにカードを配るとすぐにカードがめくられ、ゲームの勝ち負けが分かります。 1対1のゲームを実際にやってみるとわかりますが、プレーヤーが自分一人だと、かなりの重圧がかかります。 プレーヤーはカードを引くか、引かないかの選択権がありますが、向かいのテーブルにいるディーラーをあまり待たせると悪いと思い、ゲームを慌ててしまうことがあります。 1対1のゲームの場合、あっという間に賭けチップをディーラーに吸い取られてしまい、思わず心の中で泣いてしまうこともあるかもしれません。 実は、ゲームの進行を早めるのは、ディーラーのテクニックの一つだと思っておきましょう。 本場のカジノでは、ディーラーは歩合制である場合が多いため、いかに客から賭けチップをまきあげることができるかが重要なのです。 そこで、ブラックジャックのテーブルを選ぶときは、すでにテーブルに2人か3人腰かけているテーブル席を選ぶことが大切です。 ゲームの進行はディーラーが握っているので、複数のプレーヤーがいるテーブル席の方が、カードを引くか引かないかについても、冷静な判断をすることができるのです。 プレイヤーとディーラーが1対1の勝負を行なうブラックジャックはカジノでは大変人気があります。 ルールは、点数合計が21を超えないようにしながら、点数の合計を21に近づけた方が勝ちと言うシンプルな物になっています。 そして単に数字の単純な合計では面白くないので、絵札は10とみなし、Aは、11か1とカウントします。 そしてゲーム中でディーラーから配られたカードが、Aと10に相当するカード、つまり10・J・Q・Kのいずれかで21点になるようなことが、稀に有ります。

は確率論カジノでチップの購入 32258

人気ページランキング

mixiユーザー 年09月19日 。 コメント 13。

日本人は歴史的に確率論に弱いのか?

ランキング 週刊東洋経済プラス 四季報オンライン ストア セミナー。 トップ 新型コロナ ビジネス 政治・経済 マーケット キャリア・教育 ライフ 鉄道最前線 自動車。 ライフ だから日本人は保険で損をする。 保険に潜む確率論、くれぐれもご注意を! 日本人は歴史的に確率論に弱いのか?

オンラインカジノ攻略 ブラックジャック攻略法&必勝法

伏せてあるカードや、次に引くカードはすべて10だと予想するのが基本です。なぜなら10という数字は、10、J、Q、Kと種類が多く、確率的には約3枚に1枚は10を引く計算になります。  もちろんハズレる事も多いですが、一番確率が高い10で予想し流れを組み立てる事が、長い目で見た勝ちにつながります。 ディーラーは17以上になるまでカードを引き続ける為、16以下という事はありえません。必ずディーラーは17以上かバーストのどちらかになります。よって、プレーヤーの16以下の数は、みな同じであると考える事ができます。  ただし、16の方が12よりも、次のカードを引いた時(Hit)にバーストしやすい為、16よりも12の方が強いと言えます。 ディーラーのUPカード(表向きのカード)が6以下の場合は、ディーラーがバーストしやすいです。  その理由は、例えばディーラーのUPカードが6の場合、ディーラーの伏せてあるカード(HOLEカード)を10と仮定すると、ディーラーの合計は16となり、もう一枚自動で引かなければならず、さらに10を引いた場合にバーストするからです。  これはUPカードが2の場合でも同様です。よって、プレイヤーの手が12以上であれば、スタンドします。12以上からHitすると次の数が10の場合、バーストしてしまう為、手が12であってもスタンドするべきです。 ディーラーのUPカードが7の場合、HOLEカードを10と仮定して、17になります。  よってディーラーはバーストしない為、プレーヤーは17以上のカードで勝負するべきです。 手が9、10、11の場合は、次に10を引く可能性を考えて、ダブルダウンするかどうかを決めます。  ただし、この時ディーラーのUPカードが6以下(Aceを除く)の場合に限ります。これはディーラーのHOLEカードを10と仮定した時、UPカードが7以上だとバーストしないからです。

ディスカッション