台座

マカオのカジノに行く前に!誰よりも得するスマート両替術

マカオでの両替ジパングカジノ 50206

マカオの通貨を上手に両替する方法

これから マカオ への渡航を予定されている方は、高まりつつある カジノ への情熱を感じながら、煌めくネオンを待ち遠しく感じていることでしょう。そんな魅惑の国、マカオでのひと時を過ごす為に、どうしても必要になってくるのが現地マネーへの両替です。誰しも同じ金額を 両替 するなら、少しでもレートが良い場所で換金したいと思うはず。でも、一体どこでどうやって両替をするのがベストなのか、実際迷うところです。今回はマカオでの両替に焦点を当てて、賢い両替の仕方、換金場所によるレート差、クレジットカードでのキャッシングの有利性なども含めてご紹介したいと思います。 やはり マカオ市内にある銀行が最高レートで断然お得です 。特にマカオカジノで遊ぶ場合はある程度まとまった額が必要でしょうから、マカオに着いたら、まず銀行で両替を済ませるのが良いでしょう。 高レートのマカオ市内の銀行に続いて、 カジノ内にある両替所も比較的高レート です。 マカオ産業の大黒柱であるカジノ産業。海外からのお客様に気持ちよく外貨を落としてもらおうとレートもかなりの好印象です。 例えば、換金率ナンバーワンの大豊銀行と比較しても、1香港ドルあたり0。 VISAやマスターを代表するクレジットカードでのキャッシングは、多くの銀行で設けている限度額が15万程度。 手数料はわずか 1%~2%と割安です。 マカオカジノのVIP客が、富裕層のステータスとしてすることが「カジノ資金用の口座開設」です。一旦口座を開設すると、日本からいつでも資金を送金できる、安全・便利・手間なしの3拍子揃った資金調達方法です。送金額は様々ですが、万、1千万は当たり前という世界ですから驚きですね。 人によっては、ゼロの数が7桁を超えるような高額小切手を持ち込んで勝負に挑む・・・なんてこともあります。 まだあまり知られてませんが、スマホやパソコンがあれば、 ライブでルーレットやバカラやブラックジャックなどのカジノのゲームを現金を賭けて楽しめるサービスがあります。ディーラーは美女ばかり。

日本から一番近いカジノ韓国への旅、第三弾!

香港ドルの話をする前に、まずはマカオのカジノに行くための予備知識をおさらいしておきましょう。知っているよ!という方は 「香港ドルの両替方法」 まで飛んでくださいね。 では早速マカオの通貨ですが、冒頭でも話したとおりマカオの現地通貨は「パタカ(MOP)」です。しかし、カジノ内を含め、マカオでは一般的に「 香港ドル(HKD) 」が使用されています。 カジノ内には必ず両替所があり24時間営業ですので、困ったときはすぐ両替できるのは便利ですね。また、街のいたるところに ATM が設置されていますので、日本円から香港ドルへの両替はATMを使うのも良さそうです。詳しくは本記事のこの先で解説しています。 引用元: get4x。

(2)カジノエリア全面禁煙

マカオはパタカ紙幣が通貨として使われています。 パタカは日本や香港で両替ができません。マカオ以外では使用できないため、両替は計画的に行いましょう。 紙幣の種類は、、、50、20、10パタカの6種類。 貨幣は5、2、1パタカ、50、20、10アボスの6種類あります。 日常生活の中でパタカ紙幣はほとんど見かけません。高額紙幣(パタカ、パタカ)は「お釣りがない」という理由で拒否される場合も。カジノ以外の観光を市内で楽しむ際には、パタカ以下の紙幣と小銭を持って出掛けるようにしましょう。 諸外国と同じく銀行、両替店のほか、カジノの窓口でも両替ができます。 カジノエリアに多くある両替店と、カジノは24時間営業です。レートや手数料の設定は場所により異なるため、事前にチェックするといいでしょう。また、市内にはATMや両替所が多数あり、国際キャッシュカードやクレジットカードのキャッシング機能も利用でき、直接現金を引き出すことも可能です。 多くのATMは24時間稼動しており、パタカと香港ドルの両方に対応しています。 ですが、マカオではクレジットカードを使えるお店の数が日本や香港と比べて多くないという現状があります。もしカードが使える店だとしても、VISA・MASTER以外のブランドは必ず事前に使用可否の確認を。 マカオは基本的には現金社会です。

ディスカッション