台座

オンラインカジノの用語集

リアルカジノイーブンマネーベット 27699

ルーレットの遊び方と流れ

この稿は数多ある真面目なカジノ用語の解説を踏まえつつ独自の解釈や妄想を綴ったものです。 カジノ用語に不慣れな初心者の皆様に気軽に読んでいただいて「用語」に親しんでいただく事を目的としています。 翻訳すると「乱数生成器」、「ランダム・ナンバー・ジェネレーター」の省略系です。 「なんで、こんなものがカジノ用語なの?」とお思いでしょうが、これは今やカジノに欠かせない一品です。 スロット マシーン等で出現する絵柄やカードを決める為に使用される数字を無作為に抽出する装置です。 リアルカジノの場合、 ルーレット やカードゲームは実際に人間がプレイするので、この装置は関係ないと思いますが、オンラインカジノだと概ね全てのゲームが、この装置によって支配されているという事になりますね。 つまり、こいつを上手くコントロールする技があれば、勝ち放題ってワケですが、カジノのある国では厳格に規制されていて、勝手に設定等を変える事は出来なくなっているそうです。 いわばのゲームのキモですね。 公式に発表されている ペイアウト率 も、この装置の設定次第って事なんですよね、きっと。 ゲームには様々な演出があって、プレイヤーは一喜一憂させられるのですが、詰まる所「RNG」が「当たり」の数字を算出しているかどうかで全ては決まっているのです。 翻訳すると「電子地上監視装置」、カジノの天井に設置されている監視カメラの事を指します。 「空の目」なんて洒落た言い方をしてますが、カジノの厳格な監視を象徴するまがまがしいアイテムです。 監視カメラの中でもテーブルの上に設置されてゲームの公正な進行を監視しているものを、「Eye in the Sky」と称しているようです。 リアルカジノには、おそらく至る所に監視の目が光っています。 日常生活の場でも、色々な場所に監視カメラはありますが、おそらく比較にならないぐらいに厳重な監視態勢がカジノ内部にはあるはずです。 カジノに一歩踏み込んだら、全ての行動は監視されていると思った方が良いでしょう。少しでも怪しげな動きがあれば、マークされてしまうに違いありません。

ブラックジャックの用語とやり方

ただ、フレンチルーレットは、ヨーロピアン同様1~36と"0"の計37個の整数で成り立っており、ハウスエッジ 控除率 と期待値も、ヨーロピアンルーレットと同じです 詳細については、 ヨーロピアンルーレットのハウスエッジ を参照。 ハウスエッジ 控除率 というのは、簡単に言えば 胴元の利益 のことを指します。 言い換えれば、ある賭けに対して勝った場合、本来理論上もらうべき配当から差し引かれる金額、つまり 手数料 のことをいいます。 ペイアウト率とは、ゲームに勝って理論上もらうべき配当の中からどれくらいのお金が手元に戻ってくるかの指標を指します。別名、 期待値 ともいいます。 控除率とペイアウトとの関係は、「 控除率 + ペイアウト率 =%」が成り立ちます。 アンプリゾンというのは、フランス語で「EnPrison」と書き、「監禁、囚獄、囚人、捕虜」を意味しています。 人間が犯罪を犯して「刑務所入り」されるのを連想するように、賭け金も出た目に応じてカジノで一時拘束される形となります。 ヨーロッパでの本場カジノでは、アウトサイドベットのイーブンベットでプレイ時に"0"が出た場合は、賭け金の半額が手元に戻され、もう一方の半額は保留されます。保留された金額は、次回のゲームで同じ賭け方で勝てば、無事にプレイヤーの手元に戻されます 負ければ没収。

ディスカッション