瞬間

ダズンベット(DOZEN BET)とは?【カジノ用語】

イーブンマネーベットドイツのカジノ情報 52537

注目のカジノニュース

エンターテインメント・遊ぶ カジノ。 A post shared by 莉梨那 lilina on Feb 9, at am PST。 A post shared by 井上銀河 gingaman on Oct 12, at pm PDT。 席に座ったらまずルーレットに使う現金またはカジノチップを、ルーレットチップに交換します。この時カジノチップで賭けてもOK。ただし、ディーラーは客から直接手渡しで何かを受け取ることはできません。なので交換する時は、ディーラーに「チェンジ プリーズ」と一声かけてから彼の手の届くところに置くとスマートです。チップを交換してもらったら、さっそくベットしてみましょう! 基本的にディーラーはプレイヤーがある程度賭け終わったら、球を「スピニングアップ」と言う声とともにスローイングします。なのでルーレットに球が回っている間にベットしても大丈夫。球がそろそろ落ちるタイミングでディーラーが「ノー モア ベット」と合図します。その時点でベットは終了。その後あわててチップを賭けても無効となるので、その声を聞いたら素早く手を止めましょう。

ルーレットの始め方と「ダズンベット」

更新日: 年3月3日。 ルーレットは、ディーラーがルーレット盤にボールを投げ、ボールがどの数字のマスに落ちるか予想するゲームです。 ルーレットはゴージャスな雰囲気から「カジノの女王」と呼ばれ、カジノ=ルーレットのイメージがあるほど有名なゲームです。プレイヤーが数字を当てると賭け金の36倍もの賞金がもらえるというのも魅力です。 そんなルーレットのルーツは、17世紀中期にイタリアで生まれた「Hoca」というゲームが原型といわれており、フランス王国国王ルイ14世も熱狂したとのことです。 Hocaは、ヨーロッパ中に広まり、イギリスで「E-O」、スイスで「Boulle」、フランスで「Roulette」と変化していきました。 アウトサイドベットとは アウトサイドベットとは数字以外に賭けることをいいます。 ルーレットの賭け方は下記になります。

■ルーレットってどんなゲーム?

筆者は日本ではギャンブルはしない。競艇、競輪、競馬はもとより、麻雀、パチンコから宝くじの類までここ数十年全くやっていない。従って、真の意味ではギャンブラーではない。 真のギャンブラーは、なぜか「小心者」である。大金を威勢良く賭けるので腹の据わった人物かと思うと実はその真反対である。ギャンブラーはなぜか「小心者」なのである。これは釣師が短気だと言われているのとよく似ている天分である。そして真のギャンブラーは人生を喪うような危い金を一点に張って快感を得 るのである。その崩壊する一歩手前で脳内からドーパミンが出るらしい。そしてその神経が震えるようなスリルがたまらないらしい。それゆえ、ギャンブラーは 死に至るような無謀な賭けをする。従って、すべからく何らかの破滅がギャンブラーの人生には待っている。 筆者は浅田次郎と違ってハイローラーでなく、ローローラー(少額のテーブルでちまちま遊んでいる一般客のこと)なので、あまり偉そうなことは言えないのだ が、先日、某国のカジノで12時間勝負をして12戦10勝2敗で80万以上の勝ち越しをし、滞在中の食事からタクシーから一切合切の経費をカバーしても余るくらいの戦果を得たので、その体験をもとに『私家版カッシーノ ~カジノ・ロワイヤル~』を紹介してみよう。 この基本形に従ってカジノ側の意図(全てふんだくってやろう)を見抜ければ、少しずつプラスとなり、万が一よみがはずれても-2枚の損しかない。 筆者はこれにインシュアランスを加えて、5ナンバーベット(Five Number Bet 6倍)という、1、2、3、0、00同時にベットできるコーナーに1枚追加で張ることもある。 ただし、これはカモとなっている他のプレーヤーが0や00に何枚もベットしていないことが前提となる。 筆者はコラムベット(Column Bet 2倍)の縦一列のエリアや、Even Odd(偶数、奇数)、黒赤、はたまた、大鉄火場(他のプレーヤーがほとんど全ての数字にベットした大混戦の状況)になった時には、手薄なところ(ということはカジノ側に被害の少ない目)に直接貼ったりもする。 そうしてゆくと1時間後位にはチップは元の3倍位になっているはずである。あまり儲けると今度は自分がカジノ側のターゲットになってしまうので、ここらで河岸(かし:場所を変えるという意味)を変えて他のテーブルに移り、また同じ戦いを繰り返すのである。 HOME 連載コラム 「四倉幹夫の直球勝負!」 【第回】私家版カッシーノ! -How to カジノ。

ディスカッション