瞬間

ライブ配信を開始する

ライブ配信動画日本語対応可能 30076

この記事が入っているマガジン

オンデマンド配信 も ライブ配信 も簡単、必要な機能だけ組み合わせて使い方に最適! 動画配信に必要な機能をワンパッケージでご提供 エンコーダーや配信サーバーなどの専門機器、再生プレイヤーや配信用ページの準備も不要 配信したい動画コンテンツとインターネット環境さえあれば気軽に始められます。 多彩な機能を完備しながらもお客さまが必要な機能を自由に選んで組わせるプランをご提供したいと考えました。 単なる動画配信にとどまらず「大規模なライブを安定して配信したい」「著作権保護(DRM)の対策をしたい」などの日々頂くご要望に対して、できるだけ簡単操作でお使いいただけることを追及しました。

プランごとの機能比較

You are required to have a YouTube Live or Vimeo Premium account prior to using our service and provide a stream link for creating an event on ZAIKO。 Please see in this guide, How to Stream with YouTube and How to Stream with Vimeo。 Live Streaming Support Please browse the topics below to find what you are looking for。 General Considerations What streaming services can I use? Will my event be archived? How does it work?

ライブ配信での自動字幕起こしに関する問題のトラブルシューティング

ライブ配信 は、決して難しいものではありません。配信規模にもよりますが、機材も家庭用のビデオカメラやスマートフォンとパソコンで十分対応できます。ここでは、 ライブ配信 導入に必要なステップを、用語の解説を交えながら紹介します。 ライブ配信 では、以下のアイテムが必要です。 ライブエンコーダーの一例として、無償で提供されている「Adobe Flash Media Live Encoder」を使って、 ライブ配信 に最低限必要となる設定の流れを解説しましょう。 配信したい画質の設定です。配信を想定しているプレーヤーや閲覧するデバイスによって推奨サイズが変わります。スマートフォンで視聴するのであれば、kbps~1Mbpsを目途にすると良いでしょう。なおパソコンとスマートフォンなどマルチデバイスに対応する場合は、視聴環境を考慮してデバイスごとに ビットレート を設定し配信する方がよいでしょう。 ライブ配信 は、やってみると決して難しいものではありません。身近な機材と無償のソフトウェアで、まずはスタートしてみましょう。撮影の仕方、見せ方、配信の仕方や活用方法など、実際にやってみることで気付く点はたくさんあります。1回1回、効果を検証しながら、社内の動画資産を増やしていきましょう。

ディスカッション