瞬間

彼のハートにチェックメイト!お家デートにボードゲームを選ぶべき理由・4つ

を選ぶべき理由ゲームの流れ 51759

【次回予告】スマホ選びで後悔しないために

NURO光と光コラボの違いは、上記のようにダークファイバーを使って自社通信網を敷設しサービス提供する NURO光 か、既存のフレッツ光回線を使ってサービス提供する 光コラボ かが最も大きなものです。 下り最大2Gbpsで日本一速いインターネットであることを考えれば、実質日本で一番安い光回線 です。 下り最大2Gbps、上り最大1Gbpsの『超』高速回線です。数年前までフレッツ光の下り最大Mbpsでも超速い!と思っていた私には ちょっと信じられない速度 でした。 NURO光から個人宅向けの 10Gbps プラン、 「NURO光10G」 がリリースされています。 インターネットはベストエフォート型のため、 「下り最大2Gbpsで」理論上は最大2Gbpsの速度出ると言っても、実際に使用した時の速度 実測速度 は同時接続数や基地局からの距離などによって変わり、ほとんど速度が出ない・・・と言ったことも多くあります。

最初の寮・キャラはどれを選ぶべきか

スマホやタブレットを選んでいるときに、次のような文章を見たことはないだろうか。 「 AndroidよりiPhoneのほうがいい 」 「 Androidは音ゲーに向いてない 」 実は、音ゲーやレスポンスが重要なアクションゲームなどでは、AndroidよりiOS搭載のiPhoneやiPadのほうが優れている。 その差はいったい何なのか、Androidじゃダメなのか、解説する。 スマホやタブレットで音ゲーをプレイしていると、当然ながら画面をタップすると思う。 実は、タップしてから音が端末から鳴るまでには、わずかながら時間差が発生している。 この時間差は、 レイテンシ と呼ばれている。 想像してほしいのだが、タップしてから音が鳴るまでに1秒かかっていたらどうだろう。 そんな状態だったら、リズムに乗ってプレイすることは困難なはずだ。 「音が鳴る前に次のノーツが降ってきたりでもしたら」と考えるとまったく楽しめなさそうである。 とはいえ、実際に1秒もレイテンシが発生するような端末は、ほぼ存在しないだろう。 しかし、レイテンシが大きいと音ゲーのプレイは困難になることはわかってもらえたと思う。 そして重要なのは、 Android端末はiOS端末に比べてレイテンシが大きいものばかりだということだ。 レイテンシは、10ms 0。

Androidは音のラグを体感しやすい

無料・有料問わず、アプリが豊富なのも魅力的で、アプリをダウンロードできるサイト・Google Play(元・Androidマーケット)では30~40万件近いアプリが登録されており、日々増えている。ライブ壁紙やウィジェットなどでホーム画面をカスタマイズするのもいいし、バッテリーの表示方法を変更したり、電話帳をさらに使いやすいものに変更したりと、世界で自分だけの設定にすることができるので、中身も自分好みに変更したいという人の要望に応えてくれる。うまくアプリなどで設定すれば、まるっきり違うスマホのようにすることもできる。 アプリが豊富だが、App Storeのような審査がないぶん、クオリティーに大きなばらつきがある。しかし、定番アプリと言われるものをインストールしておけば問題ない。詳しくはASCII。 Androidスマホはアプリで 思い通りにカスタマイズできる!  Googleの各種サービスと連携できるのが便利、と前述したが、購入してから機能面でもAndroidスマホは楽しい。パソコンのデスクトップ画面に相当するホーム画面に、ウィジェットという簡易版アプリを貼り付け、天気予報やニュースなどをアプリを立ち上げることなく閲覧できる。必要な情報をすばやく入手できるのは、他のスマホにはにはない手軽さだ。またアプリによっては、画面上部に天気予報などを常駐させ、いつでもサッと確認できる。こうした自由度の高さは、制約の少ないAndroidならではだ。 カスタマイズ例。ASCII。 iPhoneの拡大鏡機能をさらに細かく使いこなす方法 NEW! Zoomで働き方を変えるには、通信速度が問題だと気づいた NEW! アップルがもしiPhoneにSmart Connectorをつけたら。

ディスカッション