瞬間

21 オンラインカジノ スウェーデン

オンライン合法スウェーデンカジノ 51844

ギャンブルで勝つならこの国で!

オンラインカジノの法律面での議論は、本当に沢山の場所・ニュースで扱われているので多くの知識を持っている方もいるとは思いますが、日本には「オンラインカジノに適用する確固たる法律」がありませんので、日々最新情報が変わっています。 これまでの情報や事件を含め、現在のオンラインカジノの立ち位置が理解できる様に解説します。 オンラインカジノは、主にはイギリスやマルタ共和国、フィリピンなど、政府機関から運営の認可を受けてサービスを提供しています。 認可を与えている以上、違法では無く合法と国が認めているのです。 これらの国の多くはランドカジノも合法の場合が多く、そのインターネット版であるオンラインカジノにも同様に合法となっています。 カジノのみでなく、オンラインギャンブル全般(ブックメーカー・オンラインポーカーなど)も同様です。 また、有名な事業者には、株式上場している企業もあり、社会的にも認められており、疑う余地はありません。 海外で合法のサービスを日本国内から利用する事に関しては、また意味合いが変わってきます。 日本人がラスベガスにいってカジノで遊んでも、合法国での遊戯なので、全く問題はありませんが、これが日本国内であれば、「闇カジノ(違法カジノ)で賭博行為をした」とみなされ、賭博罪に問われる事になります。 これはここ数年、芸能人やスポーツ選手で話題になったので、かなり解りやすいかと思います。 ですが、インターネットを介して合法国のサービスを日本国内から利用する場合は、確実な論理はありません。 違法カジノ店と言われる店舗のほとんどは、店舗内にブラックジャックやルーレットテーブルを用意し、お金を賭けて遊ばせる、ランドカジノと全く同じ仕組みになりますが、これにオンラインカジノが利用されているケースがあります。 所謂インカジと呼ばれるタイプで、ネットカフェの様に、店舗にパソコンを並べて、お金を賭けて、オンラインカジノで遊ばせるサービスになります。 これはこれまでも沢山の検挙例があり、オンラインカジノだからという訳では無く、全て店舗運営者が胴元として賭博場を運営し、プレイヤーが参加者となる為、明確に賭博罪違反で違法となります。 引用: 地球情報局。

【Lightning Joker】最大10000倍の配当が突然当たるミステリーウィン機能搭載。ジョーカースロット登場。

近年、カジノギャンブリングの合法化は世界的に顕著に広がりをみせており、外貨収入・観光事業の発展など各国において様々な背景からカジノは法的・社会的にも認知され、合法化した国や合法化に向けて歩み始めている国々もあるほどです。 それは、合法化によって得る「財政収入の増加」「犯罪の排除」などのメリットが大きく、また、近年に法制化・導入した国では導入前より治安が良くなった等、健全な娯楽レジャー産業のひとつとして認識されていると言えます。 イギリス/年に賭博法が施行。 「ギャンブルはコントロールすべきであるが、禁ずるべきではない」と言う考え方からカジノを解禁。 オランダ/年に公社を設立。 違法・無法カジノの排除と国家歳入財源の確保の観点から公営カジノとして解禁。 アメリカ/年ネバダ州で合法化。 州財政収入の確保や少数民族の自活などがありますが、当時暗躍していた賭博による組織犯罪の排除も社会的に大きな要因と云われています。

スウェーデンでのギャンブルの歴史

米国でギャンブルをして勝利した人は、税務書類に勝敗を記録し、勝利金の30%に課税されることは以前「 ラスベガスで得た勝利金に税金は? 」という記事で詳しくお伝えしましたね。 世界中のギャンブル税に関する法律は、すべて白黒はっきりしている訳ではありません。ギャンブルが職業となっている場合( プロギャンブラー )、またはギャンブルでの勝利金が主な収入源である場合は課税されることが多いようです。 オーストラリアでのギャンブルは遥か昔、最初の競馬公式会合がシドニーのハイドパークで行われた年に始まりました。そして年、最初の公式宝くじが発売。初の合法ポーカーマシンは年に導入され、今日、 ギャンブルはオーストラリアで人気の娯楽の1つ となっています。

ディスカッション