瞬間

マカオで人気のカジノホテル10選!服装&年齢などの注意点を解説!

で過ごす夜リスボアホテルカジノ 53030

Reviews of グランド リスボア ホテル : Grand Lisboa Hotelのクチコミ from real guests

何故カジノと言えばマカオなのか?その歴史は香港・マカオがそれぞれ植民地だった時代にまで遡ります。当時イギリスの植民地であった 香港では賭博が禁止 されていましたが、お隣マカオはポルトガルの植民地であったため、賭博が許可されていました。 コタイエリアはマカオの2つの離島・タイパ島とコロアネ島の間に出来た埋め立て地。以前はマカオ内の人口密度の高さを解消するために埋め立てられた住宅地でしたが、多くのカジノやリゾートホテルが建設された影響で、 現在は人気の観光地 になりました。 マカオのカジノ王 こと スタンレー・ホーが年に建設したカジノホテル です。 マカオのランドマーク的存在のホテルは高さmの52階建て! 蓮をイメージしたと言われる華やかなホテルの外観も印象的ですよね。 カジノフロアはホテルの下にある球体型の建物で、 4フロア全てがカジノフロア になっています。カジノ内では台のスロットマシンと卓のゲーミングテーブルを設置。 さらにカジノ内には「 スタンレーの星 」と呼ばれる 巨大ダイヤが展示 され、 カジノを利用しない人も訪れる程人気のエリア です!カジノでは、スロット・ルーレット・バカラ・ファンタン・ブラックジャック・ポーカーなどが楽しめますよ。

夜のマカオで一番きれい - グランド リスボア カジノ

世界一の規模を誇るカジノの街と言えば、今やラスベガスを抜いてマカオがその座に君臨します。 その中でも、カジノをイメージするきらびやかな街のイメージの代表は何と言ってもホテル・リスボアとグランド・リスボア・ホテルです。 双方にカジノを持ち、夜になるときらめく様子は、まさにマカオの顔そのもの。 1970年に創業した1、000室を持つ堂々たる風格のホテル・リスボア。 沢木耕太郎の「深夜特急」でもこのカジノ・リスボアが描かれており、夢中で読んだことを想い出します。 ポルトガルと中国の装飾様式を融合させた豪華な建物は、一階のロビーに足を踏み入れた途端、眩いばかりのシャンデリアに目が奪われます。 ゴージャスな円形の階段を上ると、フロントへ向かう通路には、マカオのカジノ王スタンレー・ホー氏の秘蔵のコレクションが。ホテル・リスボアは博物館のようなホテルと言われているだけあって、非常に充実した美術品の数々を見ることができます。柱のモザイクも豪華で、歴史を感じさせる、風格のあるホテルです。 ロイヤルタワールームには、専用のエレベーターで向かいます。カードキーでのみアクセスできますので、セキュリティーは万全です。 部屋の広さは49㎡、そのゴージャスさに圧倒されます。 ゴールドとブルーで統一されたファブリック、天蓋付の大きなベッド、4人がゆったりと座れそうな大きなソファー、デスクなど調度品も豪華です。 ロゴの入ったスリッパやタオルなども厚みがあり、さすがはマカオの5つ星ホテルだと感じます。 ミネラルウォーターはもちろん、ビールなども含めミニバー内のドリンクは全て無料、市内通話、室内映画も無料なのは嬉しいところです。 部屋にはウェルカムフルーツとチョコレートが用意されており、ひと時の寛ぎの時間が過ごせます。 バスルームもゴージャスです。アメニティはエルメス。壁板には大理石、床とガラスにはモザイク模様を施し、シンクはダブルです。 ミストやジャグジーが付いたバスタブもあり、旅の疲れを心地よく癒してくれました。

ディスカッション