競争

【事例】日本でカジノを解禁すべきか

メリットとデメ横浜誘致IRカジノ 11300

ひとりディベート:日本でのカジノ解禁問題の背景

にも関わらず、だまし討ちの形で今回の誘致の意向を表明したことには怒りを禁じ得ません。 本日の市長による表明は、今秋の国会でカジノ委員会が設置されるという状況にせかされ、横浜市民に対して十分な説明責任を果たしていない不誠実極まりないものであります。 さらに、ギャンブル依存症、マネーロンダリング等の問題も治安悪化に直結することは言うまでもありません。 ギャンブル依存症はWHOで認知されている精神疾患であるにもかかわらず、日本においては調査や対策がほとんど行われてこなかったのが実情であり、その不安を拭い去ることは全くできておりません。

横浜にカジノが必要ない理由

IR(カジノを含む統合型リゾート)を作ることで期待されるメリットは、 外国人観光客の増加や雇用の創出による大きな 経済効果 です。 しかし、IR(カジノを含む統合型リゾート)の誘致は良いことばかりではありません。 カジノ法案が何度も審議見送りや廃案になったのは、 反対派の意見がそれほど多かった ということです。 日本にIR・カジノができることによる懸念事項の中で、特に問題視されているのは 「ギャンブル依存症」「マネーロンダリング」「治安の悪化」 の3点です。 日本でのカジノ解禁において政府や各自治体・国民の多くが懸念している点が、 「 ギャンブル依存症 患者の増加」 です。 日本では既にパチンコ・パチスロ等によるギャンブル依存症が蔓延していると言われており、 日本でギャンブル依存症の疑いのある状態になったことがある人は 3。

カジノ法案から懸念される3つの問題点

現行の法律では日本ではカジノを遊べませんが、 カジノ法案によって日本国内にカジノを作る動きが盛ん になっています。 カジノ法案とは、 日本国内でカジノを設立するための法律 です。 IRやIR推進法案などとも言われており、正式名称は「 特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律 」。 交通事情やショッピングセンターなどが充実すれば、カジノに来る人だけではなく周辺に住んでいる人にとっての利便性も向上 するでしょう。

ディスカッション