競争

AI取引、テールリスクには無力 長期投資の全面依存は難しく

確率事象スイスのカジノ 31405

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

前者の場合、例え同一社内でも、顧客に対するサービス等はサービスを提供する部門からカジノ部門へと費用が付け替えられることになり、部門間ではアームズレングス(独立事業者間的)な取引が成立している。形式的にはカジノ部門が関連費用を負担し、関連部門が顧客に当該サービスを提供するという形になる。顧客がカジノで消費した一部の金額(カジノ・ハウスにとっての売上)を原資として顧客にサービスとして還元しているわけである。米国連邦歳入庁 IRS は長年この業界による慣行としてのコンプ(対顧客還元サービス)を接待費として利益に算入し、課税対象とすべきことを主張しているが、業界の反対、長年の慣行により、実現しておらず、カジノ産業の主張が通っている。このコンプは売上からの単純な値引きで、接待ではないという建前なのであろう。果たして諸外国ではどうなのかはマーケッテイングの程度・サービスの頻度・程度にもよると思われ、国毎に事情も変るのではないかと想定される。 カジノの実際の顧客との取引、運営の在り方は、こと高額取引顧客(VIP)に対してはかなり複雑なオペレーションとなり、場合によっては、金融取引、擬似金融取引とみなされ、規制の対象になることがある。当たり前の話だが、高額取引顧客 VIP は現金を持ち歩いてカジノ施設に来るわけではなく、(一般顧客とは異なり、例外的に)カジノ・ハウスが自らのリスクにより、何等かの形で資金(実態面ではチップ)を融通することで、顧客に対し利便性を供与し、後刻顧客との間で精算する慣行が通常行われている。一国内で処理する場合には単純だが、国境を跨ることになると実質的な送金行為をも伴うため通常オペレーションは複雑化し、一部取引は金融取引あるいは疑似金融取引として規制の対象になることがある もちろんかかる行為は通常、身元がしっかりしており、過去の支払い歴等も問題のない、信用のおける主体しか対象にしないため、通常はおかしなオペレーションではない 。 顧客が出国前に、自国にいるカジノ・ハウスの口座に一定額を送金あるいは預託(デポジット)し、これを担保に、外国に所在するカジノからチップとして引き落とすことになる。顧客が勝てば、その場で勝ち金を現金化できるが、顧客が預託金額の全部ないしは一部を負けた場合、後刻精算することになり、帰国後、カジノ・ハウスと精算する。預託金は一種の担保を取っていることになり、この範囲内で顧客にチップを貸与する 効果は資金貸付と同様である 限りにおいてカジノ側には大きなリスクはない。尚預託金とチップ利用額を相殺できれば合理的だが、これは金融行為になり、一国の制度次第では規制の対象となる。カジノ場で現金等を予め預託し、その枠内で実際のチップ交換を現金の授受無しに、書類にサインすることで行い、カジノを去る場合に精算する場合の預託金も機能的には類似的で、これをフロント・マネーと呼称する。 このように、カジノの実際の運営は一部銀行業に近い、金銭等の短期的な貸し借りを含む側面があり、これをどう制度上位置づけ、既存の制度との整合性を図りながら規制の対象とするかは国によっても事情が異なってくる。カジノ・ハウスに金融機関と同様の厳格な規制を課す場合には、カジノ・ハウスの自由度は大きく削がれる可能性があるとともに、海外大口賭け金顧客 VIP が資金のやり取りや、短期融通、精算等につき、利便性の高い仕組みを提供しない限り、そもそも海外VIPが寄り付かなくなってしまうリスクもある。如何なる規制を課すのか、あるいは既存の制度的枠組みの中で何が、どこまでできるのか次第では、実際のオペレーションも大きな制約を受けることになる。如何なる国でも、なんでも自由にできるわけではないことを理解する必要がある。 通常如何なる国でも20歳未満(あるいは18歳未満)の未成年はカジノ場へは立ち入り禁止となり、ゲームに参加することも禁止となる(未成年者による賭博行為をUnderage Gamblingといい、如何なる国でも禁止事項である)。施行者の義務として、顧客入場の際に未成年者を特定化し、賭博場に入らせないようにする職員教育の徹底が設けられることが多い(監視、警備職員による場内監視、デイーラーによるチェック、必要と判断される場合、本人確認のために身分証明書の提示を要求するなどが規定される)。ある顧客が未成年者として特定された場合、規制当局への通報義務があり、顧客の賭博勝ち分は没収され、かつ施行者に対しては、未成年者の立ち入りを防止できなかった罰則(罰金刑)が課されることになる。勿論、場内入口で全員の本人確認をする国では、確実に入口で未成年者を排除できる。入場に際し、パスポートないしは身分証明書の提示が求められるわけで、一部欧州の国や韓国・シンガポールなどではかかる慣行が実施されており、これでは未成年者は入る余地はない。一方、入場時におけるチェックを厳格にしすぎると、顧客が忌避する可能性もあり、どう管理するかには工夫を要する場合も多い。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

スイスの観光地としても有名なルツェルン州には大きなカジノ施設がある のをご存じでしょうか?もちろんスイスにはこの他にもたくさんのカジノが用意されており、観光や食事など優雅な時間を楽しみながらカジノプレイができます。 この憲法があることで日本では賭け事は禁止とされています。そんな日本で生きているとどうしても「 カジノのプレイ=違法 」ととらえがちではないでしょうか? 実はカジノにはドレスコードが用意されているため、 カジノによってはそういった服装でないと入場することができないという規制もある のです。 どのカジノにもいえることですが、入場料が無料に設定されているカジノもあるため、雰囲気を確認するために気軽に入場することも可能です。 ただ、入場料が有料のカジノもあるので、どちらかわからない場合には必ずリサーチしてから入場するようにしましょう。 引用元: www。

IR*ゲーミング学会

スロット・マシーンは10年前までは、機械から落ちてくる1㌦コインや25㌣硬貨の音で一種独特の音響効果をカジノにもたらしたものだが、今では全く音がしない静かなものになってしまった。これをキャッシュレス・マシーンという。金銭の投入やクレジットカード等は受け付けるが、勝金は全てバーコード印刷された紙(スリップ)としてでてくるもので、この紙を再度投入しても金銭の変わりになり、遊べる(Ticket-in Ticket-outと呼称する)。また、キャッシャーでも金銭にかえられる。かつ、この紙を受け入れ、24時間金銭と交換できる自動金銭交換器なるものまである。要は、スロット・マシーンから現金の支払い行為を一切無くしたわけである。従来機械からの金銭の取り出しや、コインの定期的な充填、大当たりのときの支払い処理などに関しては、都度人間が介在し、大変な労働力を要したと共に、現金取り扱いとなるために、不正防止の為の仕組みや手順を必要とした。これが、全て不要となり、人間が介在しない以上、不正防止を徹底できるようになった。かつ維持管理費用もかなり縮減することになる。機械ゲームの電子化や情報装備化は、この様にどんどん進んでいるが、実はこれは、規制や監視の在り方も変え、かつ制度そのものを変える要素をはらんでいる。不正のリスクが物理的に減少しているとすれば、規制の在り方も簡素化することができるからである。 もっとも、本来こんな遊びは宗教的には原罪で、やるべきではないし、認めるなど問題外として、厳禁している国や地域もいまだ存在する。一方、ゲーミング・カジノは来訪観光客を呼び込み、外貨を稼ぐための効果的な手段とわりきってしまい、外国人のみが参加できる施設としてのカジノを認め、自国民の利用を禁止するというダブル・スタンダードの国もある。過半の国々では、原則は禁止となるが、特例的に一定の条件、一定の地域で、特別に定めた管理や規制のもとでゲーミング・カジノを認めている。勿論この考え方にも様々なものがあり、必要悪、どうせ裏で違法行為がでてきてしまうならば、表で認めて違法行為を根絶するという考えもあれば、本来推奨すべきものでもないのだから、認める代わりに高い税を課し、抑止効果を働かせるなどという考えもある(この考えをSin Taxという)。罪とは言えないかもしれないが、所詮悪、悪ならば、税を課して限定的に認めればよいとする考えである。 ゲーミング・カジノの特色は、各国・地域毎に市場があり、各国・地域毎に施設が地理的に分散し、かつ各々に異なった制度が存在することにある。この結果、その市場の全体像を正確に把握することが極めて難しいという事情が生まれる。また、そもそも、賭博関連の諸統計そのものが完備されていない国も多い。また、ゲーミング・カジノの範囲のとらえ方も、国によっては定義が異なる。かかる事情により、統計のベースが異なる国毎の統計値はおおよそ把握できるのだが、世界全体で所謂賭博市場の規模がどのくらいなのか、その中で、ゲーミング・カジノはどのくらいのシェアを占めているのかという信頼おける統計はない。数少ない調査データであるPrice Waterhouse Coopers PWC によるGlobal Gaming Outlook によると年レベルでのゲーミング・カジノの世界市場は.1億米㌦規模に達するとされている(所謂陸上設置型カジノのみが集計のベースになり、インターネット・カジノ、インターネット・ポーカー、スポーツ・ブッキング、ロッテリー、競馬等のパリミュチュエル賭博はこの数値には含まれていない)。内米国が億㌦、アジア太平洋が。

Ⅱ ゲーミング・カジノ法則:基本的な考え

個人投資の未来を共創する QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム。 個別株式・株価 企業株価検索。 銘柄名・銘柄コードから探す 業種から探す 市場から探す テーマから探す QUICKスコアから探す QUICKスコアから探す。 スコア株サーチ コンセンサス株サーチ マーケットカレンダー 簡単業種分析 トレンドワード コーポレートアラート マーケットニュースランキング 決算サプライズメーター ドル円ポジション 金融用語集 QUICK AI速報(企業開示速報) 日経アジア 指数特設ページ。 マーケット情報 国内株式マーケット。

ディスカッション