競争

元ハイローラーが語るカジノ法強行成立の愚

日本の法案オーストラリアカジノ 14316

‘オーストラリア’に関する記事

本稿では、統合型リゾート(IR:Integrated Resort)ビジネスの理解を深めていただくため、シンガポールで法規制の整備及び規制当局の設置に際し、ネバダ州等と同様参考にされた、ビクトリア州のゲーミング(カジノ)に係る法規制や規制当局の概要についてご説明いたします。 メルボルン地区におけるゲーミング(カジノ)運営者の選定は2段階で行なわれました。まず、入札(Expression of Interest)により、応募した23社の中から3社を選出し、その後選出した3社に対してより具体的な事業提案書の作成を要請し、最終的にクラウン・リゾーツを選定しました。現在、クラウン・リゾーツが同州で営業を行う唯一のゲーミング(カジノ)事業者となっています。 ビクトリア州では、州政府が、カジノ管理法(Casino Control Act )、ギャンブリング規制法(Gambling Regulation Act )、また、これらの法令を補足する諸規則(カジノ経営同意法:Casino Management Agreement Act 、プレミアム顧客に係るギャンブリング規制:Gambling Regulation Premium Customer Regulations 等)において、ゲーミング(カジノ)に係る諸規制を規定しています。 加えて、ビクトリア州においてカジノ運営を許可されている企業は1社のみであるため、法規制に記載のない取り決めや、ライセンスに係る詳細事項等については、州政府とカジノ運営者との間で交わされた同意書(Consolidated Casino Agreement)で規定されています。 ビクトリア州では、司法省の下に、ギャンブル及びアルコール規制委員会(Victorian Commission for Gambling and Liquor Regulation)があり、ゲーミング(カジノ)産業の透明性を維持するために監視・監督を行なっています。ギャンブル及びアルコール規制委員会は、カジノ管理法及びギャンブリング規制法を施行する他、管轄下にある各局を通じて、運営に係る様々な法規制を施行しています。(図表1参照)。 IR(Integrated Resort:統合型リゾート)実施法案の審議開始から免許交付までの間に、IRビジネスグループでは参入を目指す日本企業に対し、さまざまなアドバイザリーサービスを提供します。

ディスカッション