チャンピオ

オンラインカジノの新参ゲームソフト企業に注目!どの企業もクオリティの高さが凄すぎ!

ジャンボリーサイパンカジノ 20831

News & Updates

resocasi さんのツイート。 コメント( 5)。 さて、カジノの成果です。 BJテーブルは初心者が多く、BSって、な・あ・に?という方が本当に多いです。 とにかくディーラーのカードが何であろうと、果敢にスプリットをしたがります。 絵札+絵札で20なのに、ディーラーが絵札であっても躊躇無く得意になってスプリットです! ちなみに、スプリット後のカードにもペア賭けができます。 そんなこんなで、流れは濁流です。 これは想定内のことでしたが、その渓谷ラインくだりのような濁流をうまく乗り切って、初日は結構調子よかったです。 結果的にベットアップが抑制(こんな荒波の中では大玉は張れませんって:笑)されましたので、楽しくプレーしました。 10ドルのBJ卓で、ベットマネジメントは、10、20-40-60、ベットアップは150~200と気楽にワイワイと(当然お酒もいっぱいいただきながら)楽しみました。 理想の右肩上がりです。 大きな失策によるマイナスもなく、じわりじわりとチップが増え、1500ドル増えたところでホテルに帰ります。 時間は午前1時くらいだったでしょうか。 ホテルに帰って、先ずはホテルの専用ビーチとプールを堪能します。 いずれもそんなに広くはないですが、コンパクトな感じがちょうどいいです。 ぼーっとしているのは案外好きですが、そろそろ勝負に向かいます。 2日目ももちろんBJです。今日は25ドルテーブルにしてみました。 ここでちょっとした珍事件発生です。 ファーストベースの中国人カップル、ワンボックスを2人で共有しています。 ディーラー絵札に対して、ハンドは5と9の14。 と、ここでその二人が同時に別のアクションをします。 男:サレンダー 女:ヒット その目立ったヒットアクションを受けてディーラーはカードをディール・・・ その刹那、ベットオーナーの男がそれを制します。 カードはもうシューから離れてしまっています。 ピットを呼んで10分間ほど中断します。 関係者からの事情聴取を終えて、ピットが出した結論がたいへん興味深かったです。 男のサレンダーは認めて、チップは半分回収。 そして女のヒットも認めて、カードをディール。試合続行!! それではと、とりあえずビールで空腹を紛らわそうと、BJ卓で注文します。 しかし、9時までは出せない!と断られます。 あらららーーー。 そうです、この国の法律によって夜の2時から朝9時まではアルコールの提供が出来ないとのこと。 (ちなみに街のマーケットでは午後10時以降は酒の販売禁止です。) 超しょぼん。 ちなみに、この日の夕食にこの中華レストランを利用いたしました。 2人で生ビール4杯とウーロン茶、マーボー豆腐に酢豚、オススメのチャーシューと〆の麺をひとついただいてお勘定は90ドルほど。 この日はルーレット、カリビアンポーカー、スロット、バカラといろんな種目に挑戦してみました。 ルーレットではインサイドが結構当たり、 カリビアンでは珍しくフラッシュが出現(ディーラーハンドはA・K)し、 スロットもボーナスゲームが結構続いて、ウホウホモード(1セントマシンですが・・・)、。

カジノジャンボリーでスロットざんまい!

サイパンといえば、 真っ白なビーチ と マリアナブルー の青い海が見どころですが、他にも海外リゾートバカンスの楽しみ、 カジノ を忘れてはいけません! そこで今回はサイパンの カジノの場所 や 施設情報 、 ドレスコード や ゲームの楽しみ方 までご紹介!ビーチや島内観光だけではなく、サイパンのカジノを満喫するための おすすめ最新情報 をお伝えします。ぜひサイパン旅行の参考になさってくださいね! 北マリアナ諸島に属する 常夏の楽園 、サイパン島!小さな島ですが、 透明度の高い ビーチ 沿いには リゾートホテル が並ぶ ビーチリゾート 。主にアジア各国からの旅行者がひと時のバカンスを満喫するために訪れています。 世界のリゾート観光地と同様に、サイパンの 夜遊び に欠かせないのが カジノ 。昼間は 島内観光 や ビーチ 、 プール サイドでのんびり過ごして、 夜はカジノ で一興!というのが遊べる 大人のリゾートバカンス の楽しみ方。

ディスカッション