チャンピオ

江原ランド、5月28日に営業再開へ

オンライン麻雀江原ランドカジノ 45379

国際 アクセスランキング

ゲーミング監察協調局 DICJ は当初、テーブル間に充分なスペースを確保するために、カジノフロア上で稼働できるテーブル数を半数以下に制限していたが、現在は行政区全体で合計6,台あるテーブルのうちの約5,台が正式に使用を許可されている。 旅遊危機處理弁公室 Tourism Crisis Management Office は、全ての国または地域にレベル2の渡航勧告を発しており、住民にはこの期間の不要不急の旅行を避けるよう強く促している。 ジェーン・カ・チェン・ウォンは、マカオの現地メディアで長年働いた後、最近Inside Asian Gamingに加わったジャーナリストです。IAGチームの一員として、特に、政治、ゲーミング、IR、地域団体などに関するマカオを中心とした内容を取材します。ジェーンは地域特有の事象や、活気あふれる文化、様々な人々に特に興味を持っており、将来の夢は世界中の新たな場所を訪れ、未知の体験をし続けることです。

韓国のギャンブル依存症の現状です

現在、韓国におりますが、何をしに来たかと言えば韓国のギャンブル依存症対策を学びに来たんですね。 年にも一度来たことがあったんですけど、今度は、ギャンブル依存症の回復施設「グレイス・ロード」の仲間と、 一緒に研修を受けにやって来ました。 来てみて、4年の歳月が流れると色々変わってくるなぁというのが率直な感想です。 まず、よく日本では依存症対策の失敗例として韓国、成功例としてシンガポールがあげられますけど、 状況から言ったら、日本は完全に韓国寄りですね。 シンガポールはカジノ開業前に5年間をかけて、依存症対策を整備したお陰で、 それまであったギャンブル依存症問題を減少させることができた。 (というふれこみ。実際にはシンガポールでも問題はいまだ多いというのがシンガポールの友人談ですが。)。

カジノは街を救えたか 年315万人来場 韓国「江原ランド」ルポ

江原ランド (カンウォンランド、韓国語:강원랜드)は 大韓民国 江原道 旌善郡 に所在する カジノ ・ リゾート 運営企業。旧 炭鉱 跡を開発し カジノ ・ リゾート を経営している [2] [3] 。 韓国で唯一、韓国籍者(自国民)が入場できるカジノがある(当地以外のカジノは全て外国人専用である)。韓国人は、入場時9,ウォンの入場税を支払わなければならない(外国人、在外韓国人は免除)。 ギャンブル依存症 防止の観点から、 住民登録番号 による入場規制が行われており、ひと月に入場できる最大上限日数がある。 炭鉱閉山後の地域雇用維持のためにカジノを受け入れたものの、 質屋 や 風俗店 の乱立、犯罪や自殺などの社会問題も発生している [4] 。

ディスカッション