チャンピオ

【日本のカジノ・IR】現状と海外と比べた問題点

比較カジノIR 6830

▼ IRの候補地は? カジノとの違いは? - 日本におけるIRの重要性と目指すべきビジョン

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、CME Group Inc。 株探プレミアムのご紹介 会員登録(無料) ログイン。

「カジノ法」の正式名称

いよいよ日本のカジノ解禁が近づく中、一体「 どこにカジノができるのか 」が気になっている方も多いのではないでしょうか。 ここではカジノ誘致に名乗りを上げている自治体や期待されている自治体など、注目の有力候補地の最新情報をお届けします。 カジノ誘致を表明している中で、主なカジノ候補地は、神奈川(横浜)、東京、愛知(名古屋、常滑)大阪、和歌山、長崎となっています。 現時点では 大阪、横浜 が特に有力な候補地と見られています。

カジノ法案の基礎知識から最新情報まで全てがわかる!

東京は日本の中心都市であり、 このような大掛かりな行事に慣れている一方、はっきり言って大阪そのものも、大阪人も慣れていません。 参照: JNTO 日本の統計データ。 大阪市のIR誘致の概要はこちら: 大阪市ホームページ。 例えば、スペインなら、県ごとにカジノを運営するための ライセンスが異なります。 マドリッドで1つ、バスク地方なら3県あるから3つ、というように県ごとにライセンスがあり、 マドリッドで運営するならマドリッドのライセンスをとる、 他の場所でやるならその県のライセンスを取得しなければ、カジノをオープンすることはできません。

▼ アナタの海外ビジネスを成功させるために

このセクションではIRをめぐる日本の歴史と現在の状況について述べていきます。 日本におけるカジノ誘致は、石原慎太郎氏が東京都知事を務めていた時代からスタートしています。 年4月に都知事に就任した石原氏は、東京都の財政再建という課題に対して「お台場カジノ構想」を掲げました。その経済波及効果は最大2,億円と試算されており、全国の自治体にも注目されました。 しかし年6月、石原都知事(当時)は、お台場でのカジノ実験計画の中止を発表。事実上の「カジノ構想の断念」をアナウンスしました。その計画中止の背景には、ギャンブル市場の実質的な既得権益を保持していたパチンコ業界の猛反発があったとされています。 その後、約10年に渡って日本におけるカジノ構想は目立った動きがありませんでした。 しかし、その一方で、年8月にシンガポールの3代目首相リー・シェンロンはIR導入を宣言。翌年4月にはマリーナベイ地区とセントーサ地区の2カ所にIR施設を設置する計画案を発表。やがて年には国内に2つのIR施設をオープンさせました。 再び日本に目を向けてみると、年4月、民主党の古賀一成衆議院議員を会長とする超党派のIR議連(国際観光産業振興推進議員連盟)」が発足します。 そして年12月には先述の「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」が公布・施行されたのです。 それでは年現在の日本のIRをめぐる状況はどうなっているのでしょうか? 結論から言えば、IRをめぐって日本の地方自治体間での誘致合戦が過熱しています。 言うまでもなく、多くの地方経済にとって、観光分野は今後さらなる成長が見込める貴重な地域産業です。自らの地域にIRを誘致することは、MICEを筆頭とする海外からのビジネス客の取り込みを始め、それにともなう小売業や飲食業やサービス業といった、地方経済の発展に直結しているからです。 現在、日本国内では2〜3カ所のIR設置が予定されているようですが、関東と関西に1カ所ずつというのが有望視されています。 関西だと、大阪市が年開催の大阪万博会場の跡地となる人口島「夢洲(ゆめしま)」が最有力の候補地に挙げられており、和歌山市がそれに続いています。 関東では、横浜市の林市長による突然のIR誘致表明が話題となっていましたが、東京都と千葉市も誘致に手を挙げています。 これらの誘致合戦は、年の東京でのオリンピック・パラリンピック開催後に大きく動き出すという見方が有望ですが、いずれにせよ予断を許さない状況であるようです。

ディスカッション