チャンピオ

カジノ営業停止による一時休業のホテル数が23軒に、マカオはひっそり

適法性ソフィテルマカオカジノ 37579

バナー・ベラジョンカジノ

日本にもカジノ法案が成立し、カジノへの関心が高まってきました。 海外の多くの国では、合法のギャンブルとして楽しまれている「カジノ」は、日本の観光客の中でも、 海外旅行の記念に寄り道して遊んでみる 、といった形で最初は楽しんでいる方が、実は多いのです。 カジノがある海外の国の多くは、カジノは 合法のギャンブル とされており、 カジノの店舗を出すには、 政府の厳しい審査 をクリアしなければ運営することも、店舗を建設することもできません。そして、運営が始まった後も、 抜き打ちで厳しい審査を定期的にクリア しなければいけません。 つまり海外のカジノは運営する前も、運営中も政府から厳しく監視されていて、問題が起きれば即規制が入るぐらいに、厳しく取締りがされています。 カジノで遊ぶ人たちもそれを分かった上でカジノを遊んでいるので、不正をせずにルールを守って遊ぶのが、暗黙のルールです。

マカオ半島の大型ホテル、どこに泊まろうかと検討すると

IAGニュースデスクチームには、アジアゲーミング業界で最も経験豊富なジャーナリストが複数所属しています。 幅広い専門知識を持つそれぞれの長年のノウハウが結集しており、その範囲は多数の国の多種多様なトピックに及びます。 購読 雑誌 IAGとは お問い合わせ 広告。 中文 English。

ディスカッション