チャンピオ

水曜どうでしょうの企画 : 日本国内

最小限にしながら勝クリスマスパーティー 36319

Related Links

水曜どうでしょうの企画 日本国内 では、 北海道テレビ (HTB)制作の バラエティ 深夜番組 『 水曜どうでしょう 』で放送された企画の中から、「レギュラー放送」時( 年 10月から 年 9月)に主に日本国内で収録した企画について扱う。 鈴井貴之 考案の企画のひとつで、放送での企画名は「東京-札幌 サイコロの旅」。『どうでしょう』を象徴する企画として扱われており、多くの番組で類似企画が放送された。本シリーズの6回以外にも、1度だけ外国で行った「サイコロ韓国」がある(詳細は 韓国食い道楽サイコロの旅 を参照)。

からかい上手の高木さん~Extra stories~ - クリスマスパーティー - ハーメルン

生産性の向上、労働時間の短縮といった視点で働き方改革が求められているが、制度やツールの導入に注力して肝心なポイントをおろそかにしてはないだろうか。肝心なポイントとは従業員の大半が使用している会社支給の標準PCだ。高額なPCを全社員に支給できればベストだが、もちろん限られた予算の中で点満点のPCを全社員に提供することは現実的ではない。つまり、これからの時代に求められる要素をしっかり理解したうえで、パフォーマンスを最大化させるPCを適切に選択・支給することが情報システム部門ならではの働き方改革支援と言えよう。そこで今回の記事では、これからのビジネスパーソンがPCに求める要素をアイ・ティーアール(以下、ITR の調査レポートを参照しながら展望していく。 本調査の面白い点は標準PCに求める要件を業績別に比較している点だ。業績問わず多くの企業が価格やパフォーマンスについて重要だと認識しているが、業績の良い企業と下がっている企業の対比でみると、これからの時代を勝ち残っていくために必要な標準PCの要件が浮き上がってくる。 中でも、業績の上がっている企業が重視する最近のトレンドとして注目すべきものが、グラフの左側に挙がる「セキュリティ(指紋認証や顔認証などのセキュリティ強化)」「スクリーンタッチ」「ペン入力」「操作性」の5点。これらの要素に共通しているのは、「従業員は会社の中だけで活躍する時代は終わった」、「社外でも最高のパフォーマンスを発揮できる環境を提供しよう」という情報システム部門及び経営層の意思の表れではないだろうか。 つまり外出先にPCを持ち出しても情報漏洩などのリスクを低減しつつ、プレゼンテーションや作業の効率を落とさない要件を重視している、ということだ。テレワークや在宅勤務などを求める優秀な人材の満足度を落とさず、最高のパフォーマンスを発揮し続けてもらうためには納得がいく手法である。 決してPCの価格やスペックで評価することが悪い、ということではなく、企業の競争力を従業員一人ひとりの業務パフォーマンスの向上として理解すると、それらだけでは不十分であるということをお伝えしたいのだ。PCは従業員が毎日使用するものであることを考えると、最も重視されるべきポイントは、従業員にとっての使いやすさである。さらに従業員といっても営業と経理、デザイン部門など職種で分解していくとその仕事スタイルは全く異なるといっても過言ではない。個々人にすべて異なる仕様のPCを支給するのは現実的ではないが、改めて従業員の視点に立って標準PCを選定する、ということも働き方改革支援という視点では欠かせないだろう。 ここからは業績の上がっている企業が重視する点についてその背景を考えていこうと思う。まずはセキュリティ。前述した通り、従業員は一律社内で働くという時代は終わった。つまり、営業部門を中心に社外にPCを持ち出し、作業やプレゼンテーションを行うことが当然の時代になっているのである。この結果、PCの紛失のようなリスクは当然発生する。個人情報や機密情報の塊である会社PCを紛失することは企業として膨大なリスクを抱えることにつながる。だからといって、機能を極端に制限するようでは生産性が下がってしまう。ここが情報システム部門の腕の見せ所、と言えよう。 そこで近年注目されているのは指紋や声帯、顔といった人によって異なる要素である「生体認証」である。パスワードよりも漏洩リスクが低く、また原則登録者しか解除できないはずなので従来のセキュリティ対策よりも断然強固であると言えよう。金融機関を中心に導入が進んでいるのも納得がいく。 PCにおいても生体認証を活用しているケースが見られ始めている。例えばMicrosoftの「Surface」シリーズ。同PCは「Windows Hello」と呼ばれる顔認証機能によって素早くそして圧倒的に安全なログインを保証する。急いでいるときにパスワードの打ち間違いでイライラした経験を多くの読者が経験済みなのではないだろうか。こうしたスピード感も圧倒的に高いのが生体認証の魅力の1つでもある。業績が上がっている企業では、指紋認証や顔認証などの認証強化やデバイス暗号化といった「セキュリティ」の重視度が高く業績が「下がっている」企業と大きな差も出ている。(図1)。 ペン入力に当然のように紐づけられる「ペーパーレスに寄与する」という項目への期待度はどの企業でも高いが、業績が上がっている企業ではそれを上回る期待度がプレゼンテーションの説得力の向上とクリエイティブな作業の質と効率の向上に寄せられている。ここでも新たな価値への期待が見て取れる。さらに、「Microsoft Teams」のようなコミュニケーションツールに搭載されるオンライン会議でもその効果は期待される。直接会っていない状況で情報を的確に伝えていく必要のあるオンライン会議では、ペンが担う役割が必然と大きくなる。資料の説明している個所をペンでハイライトすれば参加者の目線を集中させることができ、リモート参加者にも情報が伝わりやすくなるのだ。

ディスカッション